おすすめCADアイキャッチ
この記事で解決できる疑問点
  • CADって色んな業界で使われているけど、種類が多すぎてどのCADアプリケーションを学べばいいか分からない・・・

これからCADを勉強しようと考えている人が最初に驚くことのひとつがCADソフトの種類の多さです。CADの世界には、AutoCADやVectorWorks、SOLIDWORKS、Fusion360、Jw-cad、HO-CAD・・・というように非常に多くのCADアプリケーションが存在しています。その中からどれを選ぶのが自分にとってベストな選択なのか、明確な答えがあるわけではありません。
もともと自分の中でこのCADを学ぼうと明確に決めているわけではない方は、まず以下のような質問を投げかけてみてください。

  • これから自分が働こうとしている、または、現在所属している分野においてスタンダードなCADソフトの種類は何か?
  • ひとつの分野に特化したCADオペレーターになりたいのか?、それともできるだけ広い分野で通用するスキルを習得したいのか?
  • CADソフトに対して継続的にかかるコストはどの程度まで許容できるのか?

この質問に答えるだけでも選択肢は大きく絞ることができます。

この記事においては、まずCADを使った仕事をする際にどのようなスキルが求められているのかを説明した上で、CADの種類とCADソフトの選び方の基準、最後に建築や土木の分野において学ぶべきおすすめのCADをランキング形式で紹介していきます。

CADの仕事の実際

Cad

CADを触ったことのない人や初心者の方にとってCADというのはとっつきにくい分野のひとつだと思います。はたから見ると、CADを使った仕事というのは、設計図を描いたり図面を製図したりととても特殊な作業のように見えます。

しかし実際は、CADオペレーターの仕事として上記のような設計・作図という作業は一部にしかすぎません。それよりも、設計図や図面を用いて物を作るサポートをしたり、使いやすいように設計図や図面を編集したりという作業の方が格段に多いです。

例えば、CADオペレーター求人と検索してみると、仕事内容の部分は「図面チェックや修正、および、事務所内の事務業務(書類作成など)」というような内容が書かれていることが非常に多いです。つまり、求められていることは、設計や製図を行う能力ではなく、CADソフトの操作能力が求められていることが多いということです。

一見、難しいイメージのCADですが、操作できる能力を身につけることはエクセルやワードを覚えることと大して違いはありません。要は、そのCADソフトを使って何ができるのかを正しく理解して自分の引き出しとして身につけることが重要だということです

CADオペレーターとして転職を考えている場合は以下の記事を参考にしてください。

CADソフトの種類

CADと一口に言ってもAutoCADやVectorWorks、SOLIDWORKS、Fusion360、Jw-cad、HO-CAD・・・というように非常に多くのCADアプリケーションが存在しています。

では、なぜこれほどまでに幅広い種類のCADソフトが存在しているのでしょうか?

その答えは、私たちが生活している場所であったり、普段使用している家電やスマートフォンだったり、と私たちの身の回りにあるあらゆるものがCADによって設計されており、それぞれ各分野に適したCADソフトが存在しているからです。

CADソフトの種類を簡単に分類すると以下のように分けることができます。

汎用CADとは?

汎用CADとは、様々な分野の設計に対応したCADのことで、建築や土木、機械、設備など多くの分野で使われているCADのことです。有料のCADであれば2DCADから3DCADまで製図できる汎用性の高さが特徴で、一般的な求人などで求められるCADスキルは、この汎用CADのスキルである場合がほとんどです

機械用CADとは?

機械用CADとは、精密機器の設計に特化したCADソフトのことで、自動車や飛行機、スマートフォンなどの設計は、この機械用CADを用いて行われていることがほとんどです。

システムCADとは?

システムCADとは、2Dから3Dまでの設計図をシステマティックに製図できるソフトのことで、簡単な操作性からデザイナーなどから需要の高いCADソフトです。

BIMとは?

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略で、コンピューター上に現実と同じ建物の立体モデル(BIMモデル)を再現して、よりよい建物づくりに活用していく仕組みのことを指します。

通常の3DCADとの違いは、最初から3次元で設計し、3次元から2次元図面を切り出して作成することで、モデルの編集に追従した設計図書の管理が可能になる点で、図面修正時の手間を大幅に省略することができます。

建築・土木向けCADソフト選びの基準

上記でも説明したようにCADソフトには様々な種類が存在しています。では、建築や土木業界においては、多くの種類の中からどのようなCADソフトを選べばいいのでしょうか?

この記事では、以下の3つのポイントから建築・土木向けのCADソフトを選んでいます。

  • 建築・土木業界におけるCADソフトのシェア(普及率)
  • CADソフトの汎用性と操作性
  • 継続的に必要なコスト

ひとつづつ見ていきましょう。

建築・土木業界におけるCADソフトのシェア(普及率)

建築や土木の分野において圧倒的なシェアを誇っているソフトはAutoCADというCADソフトです。その理由は単純で、大手のゼネコンにおいて使用されているからです。下請け制度や孫請け制度に支えられている日本の建設・土木業界においてゼネコンで利用されているという事実は非常に重要で、例えば図面をもらうときに配布される図面データはゼネコンや設計事務所が使用しているCADソフトの形式となってしまいます。このCAD図面を別のCADソフトで開くには、ひと手間もふた手間もかかります。そのため、設計事務所やゼネコンで使われているCADソフトが全体に普及していくというのは当然の結果です。

上記のようなファイルのやり取りの問題を解決する方法として、ファイル形式の変換があります。CADでよく使われるファイル形式としては、.sfcや.jw、.dxf、.dwg・・・のようにソフトごとに数多くのファイル形式がありますが、CADソフトの中には様々なファイル形式で書き出しを行えるものもあります。

例えば、AutoCADであれば、通常は.dwgのファイル形式で保存されますが、.dxfで書き出しを行うこともできますし、AutoCAD Calsツールというファイル変換ソフトを使えば.sfcのようなさらに別のファイル形式に変換することもできます。このように、ファイル形式の変換を行えるという点も導入するCADを選ぶ基準として重要なことではないでしょうか?

CADソフトの汎用性と操作性

CADソフトの汎用性と操作性についても、CADソフト選びには重要なポイントです。汎用性とは、CADの種類でも説明した汎用CADのことです。例えば、土木の現場管理をしていて建築の現場管理に異動するとか、建築の現場管理をしていて土木の現場管理に異動するといったケースは管理業務ではよくあることです。そういった際に汎用性のあるCADを使っていればスムーズに仕事に移ることができるでしょう。

また、エクセルやワードのように直感的な操作で扱えるということも大事です。汎用CADはそういった面でも優れており、少し慣れれば簡単に図面の編集を行うことができます。

継続的なコスト

CADソフトを選ぶ上でコストがどれくらいかかるのかという点も大事なポイントです。例えば、道路工事などの現場でよく使われているパッケージソフトの中に「デキスパート」や「上出来」というソフトがあります。このようなソフト中には、もちろんCADも含まれているのですが、年間で100万円くらいのコストがかかるということはざらです。ここまで高いとさすがに簡単に導入することはできません。

もちろん、CADというのは専門的なソフトであるがために、一般的なPCソフトと比べると高価であることが多いのですが、継続的に許容できるコストに抑える必要はありますね

建築・土木向けCADソフト選びの基準 まとめ

以上、CAD選びの基準について実務面から解説してきましたが、実際の導入段階においては、それ以外にも継続的にかかるコストの問題などがあるでしょう。このような側面を踏まえて、この記事では、おすすめのCADを以下の要素をもとにランキング形式で紹介していきます。

  • 建築・土木業界におけるCADソフトのシェア(普及率)
  • CADソフトの汎用性と操作性
  • 継続的に必要なコスト

建築・土木業界向けおすすめCADソフト5選

1位

AUTODESK

AutoCAD (旧AutoCAD LT)

¥8,800/月

建築・土木分野ではAutoCAD Plusを凌ぐ導入実績!コスパに優れた3D対応の汎用CAD

AutoCAD (LT®) は、精度とスピードを兼ね備えた強力な2D・3Dコンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェアです。AutoCAD Plus同様に、ゼネコンや大手不動産会社に導入実績が多く、また、大手道路会社にも導入が多いCADソフトです。3D機能を利用しない土木の分野においては、コストが安いこともあり、むしろAutoCAD Plus(旧AutoCAD)よりもメジャーに利用されているCADソフトです

また、特に土木の分野で求められることの多い電子納品形式についても、AUTODESKが別に提供している「CALS Tools」を利用することで完全に対応することができることも人気を集めている理由のひとつです。

操作性に関しては、AutoCAD Plus同様に直感的な操作で扱える機能も多く、特に建築・土木分野ではすぐに仕事で実用的に活用できるようになるでしょう。当サイトにおいても「必ず押さえておきたい建築・土木向けAutoCAD(LT)の使い方」を紹介しているので是非参考にしてください。

AutoCAD(旧AutoCAD LT)2022 動作環境
オペレーティング システム64 ビット版 Microsoft® Windows® 10サポート情報については、オートデスクの「製品サポートのライフサイクル」を参照してください。
プロセッサ基本: 2.5 ~ 2.9 GHz のプロセッサ
推奨: 3 GHz 以上のプロセッサ
メモリ基本: 8 GB
推奨: 16 GB
画面解像度従来型ディスプレイ:
True Color 対応 1920 x 1080
高解像度および 4K ディスプレイ:
Windows 10 でサポートされる最大 3840 x 2160 の解像度(対応するディスプレイ カードが必要)
ディスプレイ カード基本: 帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 互換)
推奨: 帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
ディスク空き容量10.0 GB
ネットワークネットワーク ライセンスに依存するアプリケーションを実行するライセンス サーバとすべてのワークステーションは、TCP/IP プロトコルを実行する必要があります。
アプリケーションでサポートされるオペレーティング システムに加えて、ライセンス サーバは、Windows Server® 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019 エディションで実行できます。
ポインティング デバイスマイクロソフト社製マウスまたは互換製品
.NET Framework.NET Framework バージョン 4.8 以降

>>公式サイトで詳細を確認する

 

2位

AUTODESK

AutoCAD Plus(旧AutoCAD)

¥28,600/月

CADソフトシェアNo.1!2DCAD、3DCADそれぞれに対応した万能汎用CAD

AutoCAD® Plus は、建築設計者、エンジニア、施工従事者が正確な2Dおよび3D 図面の作成に利用できる、コンピュータ支援設計(CAD)ソフトウェアです。大手ゼネコンや設計事務所への普及率が高く、クライアントからの需要という側面からもこれから学ぶにはもっとも将来性のあるCADソフトだといえます

また、操作面においても、直感的な操作で製図作業から寸法値の管理、資料の作成まで行うことができることに加え、よく使う操作の自動化などエクセルのマクロのようなことを行うこともできます。CADソフトとしての扱いやすさは、他のCADと比べても大きく差別化を図れているといえるでしょう。

それにもかかわらず、土木の分野などでAutoCAD Plusの導入が遅れている原因のひとつとして、AutoCAD Plusで使われている座標系が、測量座標ではなく数学座標が使われているという点が挙げられます。しかし、実は簡単な操作で数学座標から測量座標への座標系を変更することができます。以下の記事では、AutoCAD Plusの座標系を測量座標系に対応させる方法も紹介しているのぜひ参考にしてください。

AutoCADPlus(旧AutoCAD)2022 動作環境
オペレーティング システム64 ビット版 Microsoft® Windows® 10サポート情報については、オートデスクの「製品サポートのライフサイクル」を参照してください。
プロセッサ基本: 2.5 ~ 2.9 GHz のプロセッサ
推奨: 3 GHz 以上のプロセッサ
メモリ基本: 8 GB
推奨: 16 GB
画面解像度従来型ディスプレイ:
True Color 対応 1920 x 1080
高解像度および 4K ディスプレイ:
Windows 10 でサポートされる最大 3840 x 2160 の解像度(対応するディスプレイ カードが必要)
ディスプレイ カード基本: 帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 互換)
推奨: 帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
ディスク空き容量10.0 GB
ネットワークネットワーク ライセンスに依存するアプリケーションを実行するライセンス サーバとすべてのワークステーションは、TCP/IP プロトコルを実行する必要があります。
アプリケーションでサポートされるオペレーティング システムに加えて、ライセンス サーバは、Windows Server® 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019 エディションで実行できます。
ポインティング デバイスマイクロソフト社製マウスまたは互換製品
.NET Framework.NET Framework バージョン 4.8 以降

>>公式サイトで詳細を確認する

 

3位

Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka

Jw_cad

無料

無料2次元汎用CADのスタンダード!

jw_software_club(清水治郎、田中善文、岡野輔仁)によって開発された無料CADの最も有名なソフトウェアです。2次元CADではありますが、今でも建築や土木の世界においてはかなりの利用者数を誇っています。また、Jw_cadについては、その使い方についても様々な講座や書籍があるので、これから初めて勉強するという方にとっては勉強しやすい環境が整っているのではないでしょうか

Jw-cad 動作環境
オペレーティング システムWindows 7~10 / Vista / XP / 2000 32bit / 64bit
プロセッサCore i5 以上
メモリ基本: 4 GB 以上
ディスプレイ カードCPU内臓のインテルHD グラフィックス 以上
HDD容量500GB 推奨

 

4位

H_O’sThinkTank

HO_CAD pao

無料(上位版有料:¥11,000円)

測量CADなら間違いなくこれ!

HO_CAD paoとは、Jw_cad同様に無料の2次元汎用CADです。また、全ての機能を使える有料の上位版も存在しています。HO_CAD paoの特徴としては、優れた測量の機能が挙げられます。なかでもすごいのが、マウスのクリックだけでほとんどの基準点測量を行うことができます。土木や建築の位置だし等でCADを使いたい場合は非常に効率的に作業が進められるのではないでしょうか?
HO_CAD paoを使う場合の問題は、勉強するための情報の不足です。インターネット上などでも情報が少ないので覚えるまでは苦労しそうですね。

図面の製図や編集などは他の汎用CADソフトで行い、測量業務だけをHO_CAD paoを行っているような会社も多いので、そういった意味では選択肢に入れておきたいCADソフトのひとつです。

HO_CAD 動作環境
オペレーティング システムWindows 7~10 / Vista / XP / 2000 32bit / 64bit
プロセッサCore i5 以上
メモリ基本: 4 GB 以上
ディスプレイ カードCPU内臓のインテルHD グラフィックス 以上
HDD容量500GB 推奨

 

番外編

エーアンドエー株式会社

VectorWorks(ベクターワークス)

457,600円

3次元対応で直感的な操作性が特徴

VectorWorks(ベクターワークス)は、もともとMac向けに開発されたCADソフトということもあり、デザイン性の高い建造物を設計している会社に大きなシェアを持っているCADソフトになります。値段も少し高価ですが、直感的な操作だけでほとんどの作業を行うことができることと、勉強するための情報を揃っていることから、これからCADの勉強を始める人にとっては勉強しやすいCADソフトのひとつでもあります。これからやりたい仕事で求められているCADスキルの中にVectorWorks(ベクターワークス)が入っているのであれば、他人と差別化するために勉強してみるのもいいですね。

Vectorworks 2021 動作環境
オペレーティング システムWindows 10(64bit)
macOS 11.1 (Big Sur)
プロセッサ基本: 3GHz以上のIntel Core i5 または AMD Ryzen 5または、それと同等のもの
推奨: 6コア以上搭載で2GHz以上の Intel Core i7、または AMD Ryzen 7、または、それと同等のもの
メモリ基本: 8 GB
推奨: 16 GB
画面解像度推奨1920 x 1080以上 (最小1440 x 900)
4K・Retinaディスプレイ対応
ディスプレイ カード基本: 2GB以上のVRAMを搭載した専用のOpenGL4.1互換グラフィックカード
推奨: 4GB以上のVRAMを搭載した専用のOpenGL4.1互換グラフィックカード
ディスク空き容量34.0 GB 以上

 

CADソフトをお得に利用する方法

CADソフトは、エクセルやワードのような一般的なPC向けソフトウェアと比べると比較的高価なものが多いです。そのため、いかにお得に利用できるかというのは大切な問題です。

しかし、実際、なかなか安く利用できるという方法はなく、お得に利用するための最も現実的な方法は長期割引を利用することです。例えば、AutoCADでは長期契約を利用すると最大で月3,400程度安く利用することができます。これは、割引率でいうと約40%程度の割引率となるので、購入するときはぜひ長期割引を利用したいところですね。

>>AutoCAD公式サイトで長期割引の価格を確認する

また、割安で購入するもう一つの方法は、AMAZONのタイムセールを利用するという方法です。この方法に関しては、CADソフトがタイムセールの対象となっているときしか適用されませんので、あればラッキーぐらいの感覚で確認するようにしましょう。

>>AMAZONで確認する

まとめ

この記事では、建築・土木向けCADの失敗しない選び方から具体的なおすすめCADソフトまでを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

これから学ぶにあたって重視したいポイントはやはり、そのCADスキルに需要があるのかという点です。その意味でもAutoCADはもっともお勧めできるCADソフトのひとつです。ぜひ、CADオペレーターとしての一歩を踏み出してください。

併せて、これから本格的にCADの勉強を考えている方は、以下の記事でおすすめのCAD講座の紹介を行っているのでぜひ参考にしてください。

また、この記事で紹介したようなCADが快適に動くためのパソコンの条件とおすすめのノートパソコンについても以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

転職サイト・転職エージェントについてのQ&A

AutoCAD LTはもう手に入らないのですか?
これまでAutoCAD LTとして販売されていたモデルが同じ価格のまま3D機能などが追加されてAutoCADとして販売されることになりました。また、これまでAutoCADとして販売されていた上位モデルがAutoCAD Plusというモデル名で販売されています。
AutoCADとAutoCAD LTの違いは何ですか?
AutoCADもAutoCAD Plusも基本的な機能の違いはありません。AutoCAD Plusには業種別ツールセットという業種に特化したツールがついてきます。
CADソフトに最低限必要な動作環境は?
AutoCADに最低限必要な動作環境は、グラフィックボードが独立したPC環境です。CPU一体型のグラフィックボードだとスペックが足りず動きが遅くなる可能性があります。

 

Autodesk(オートデスク)

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。