CIVIL 3Dの特徴・評判・口コミ・料金・動作環境を徹底解説【3DCAD・BIM】
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • CIVIL 3Dの特徴は?
  • CIVIL 3Dの料金は?
  • CIVIL 3Dの評判・口コミは?

この記事では、上記のような質問に応える形で、CIVIL 3Dの特徴について紹介しています。

CIVIL 3Dとは?|特徴・価格は?

土木BIM

土木インフラ設計BIMのスタンダートソフト

AUTODESK   CIVIL 3D

  • 鉄道・道路といった土木インフラに対応
  • 整地作業の自動化により大幅な時間効率の改善を実現

CIVIL 3Dとは、AUTODESK株式会社が販売している土木インフラ設計ソフトウェアで、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)に対応していることが特徴です。同じAUTODESK株式会社が販売しているREVITが建築物の設計に対応しているBIMソフトウェアであるのに対して、CIVIL 3Dは鉄道や道路といった土木インフラに対応したBIMソフトウェアです。
BIMの特徴(メリット)
  • 2D図面を作成する必要がなく、ひとつの3Dモデルのみを作成すればよい
  • 設計初期段階でシミュレーションが可能なため、プロトタイプ作成などの時間のかかる工程の削減が可能
  • ひとめで構造の把握が可能でイメージの共有が行いやすい

以上がBIMの特徴になります。

Civil 3D
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥50,600(税込)
価格(年額)¥408,100(税込)
利用されている業界土木業界(インフラ・道路・鉄道・用地)
機能一覧3DCAD機能
BIM機能
3Dモデリング
サーフェスモデリング
橋梁設計
雨水管理
測量機能
土量計算
平面図の作成
シミュレーション機能
対応OSWindows
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨CPU 3 GHz 以上のプロセッサ
推奨メモリ容量16GB 以上

CIVIL 3Dと他のCADソフトの比較

Civil 3DFUSION360AutoCAD Plus(旧AutoCAD)InventorREVIT
画像
公式サイト
おすすめ度
価格(月々)¥50,600(税込)¥7,700(税込)¥28,600(税込)¥46,200(税込)¥53,900(税込)
価格(年額)¥408,100(税込)¥61,600(税込)¥231,000(税込)¥367,400(税込)¥427,900(税込)
利用されている業界土木業界(インフラ・道路・鉄道・用地)製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
建築・建設業界
製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
建築・建設業界
土木業界
機能一覧3DCAD機能
BIM機能
3Dモデリング
サーフェスモデリング
橋梁設計
雨水管理
測量機能
土量計算
平面図の作成
シミュレーション機能
3DCAD機能
3Dモデリング
レンダリング
CAM機能
CAE機能
PCB機能
3Dプリンタ出力
2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
各業種別のツールセット
3DCAD機能
3Dモデリング
アセンブリモデリング
図面の作成
BIM変換機能
CAE機能
PCB機能
シミュレーション機能
3DCAD機能
鉄筋の詳細設計
構造用鋼材のモデリング
ダクト・配管系統モデリング
電気系統モデリング
施工モデリング
図面の作成
シミュレーション機能
対応OSWindowsWindows/MacWindows/MacWindowsWindows
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)DirectX11 (Direct3D 10.1 以上)
VRAM 1 GB 以上の専用 GPU
RAM 6 GB 以上の内蔵グラフィックス
帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)Shader Model 5 搭載の DirectX 11 対応グラフィックス カードおよび 4 GB以上のビデオ メモリ
推奨CPU3GHz以上のプロセッサx86 ベースの 64 ビット プロセッサ(Intel Core i、AMD Ryzen シリーズなど)、4 コア、1.7 GHz 以上3 GHz 以上のプロセッサ3.0 GHz 以上、4 コア以上Intel® i-Series、Xeon®、AMD® Ryzen、Ryzen Threadripper PRO。2.5 GHz 以上
推奨メモリ容量16GB 以上4GB 以上16GB以上32GB 以上32GB 以上
販売会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社

CIVIL3Dは、道路や鉄道といった土木インフラ向けの3DCAD・BIMソフトウェアです。3DCADとしての汎用性を考えた場合は、FUSION360やAUTOCADなどの3DCADソフトが優れていますが、土木インフラ設計に利用する場合はCIVIL3D一択になります。また、対応OSがWindowsのみというのも導入時に注意が必要なポイントですね。

>>CIVIL3Dの無料体験版を利用する

CIVIL 3Dが選ばれる理由

今注目を集めているBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)ソフト

CIVIL 3Dは、今土木・建設業界でも最も注目を集めているBIMソフトウェアです。上述したようにBIMには以下のような特徴があり、工事の大幅な効率化や予算の削減につながっています。

BIMの特徴(メリット)
  • 2D図面を作成する必要がなく、ひとつの3Dモデルのみを作成すればよい
  • 設計初期段階でシミュレーションが可能なため、プロトタイプ作成などの時間のかかる工程の削減が可能
  • ひとめで構造の把握が可能でイメージの共有が行いやすい

複雑で手間のかかる整地作業を自動化し大幅な時間効率の改善が可能

土木インフラ設計において時間がかかる作業のひとつに整地作業があります。CIVIL 3Dでは、この複雑で手間のかかる整地作業を自動化できるため大幅な時間効率の改善を図ることができます。

ひとつの3D図面から切り出して平面図や縦断図、横断図の作成ができる

CIVIL 3Dは、他のBIMソフトと同様に、2D図面を作成する必要がなく、ひとつの3D図面を作成すれば、平面図や横断図、縦断図といった施工に必要な図面を書き出して作成することが可能です。

>>CIVIL3Dの無料体験版を利用する

CIVIL 3Dの動作環境

CIVIL 3Dの推奨動作環境は以下の表を参考にしてください。

CIVIL 3D 動作環境
オペレーティング システム64 ビット版 Microsoft® Windows® 10
プロセッサ最小構成: 2.5 ~ 2.9 GHz のプロセッサ
推奨: 3 GHz 以上のプロセッサ
メモリ基本: 8 GB
推奨: 16 GB
画面解像度従来型ディスプレイ: True Color 対応 1920 x 1080
高解像度および 4K ディスプレイ: Windows 10 でサポートされる最大 3840 x 2160 の解像度
ディスプレイ カード基本: 帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨: 帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
ディスク空き容量16 GB のディスク空き容量
ポインティング デバイスマイクロソフト社製マウスまたは互換製品
.NET Framework.NET Framework バージョン 4.8 以降

>>CIVIL3Dの無料体験版を利用する

CIVIL 3Dの評判・口コミ

クラウドソーシングを利用して、CIVIL3Dの利用者に対してアンケートを実施すると以下のような意見がありました。

40代男性 ゼネコン勤務

2021年8月
大幅な工程の削減と予算の削減につながった
会社としてCIVIL3Dを導入したのは昨年の4月からです。それまでは、土木専用のパッケージソフトに含まれているCADを利用していたので操作に慣れるまでは苦労しましたが、一度導入するとCIVIL3Dで設計から工程、予算までを管理・共有できるようになり、大きな予算の削減につなげることができました。
30代男性 設計事務所勤務

2021年2月
図面作成の手間が減りました
3DCADやBIMでは今までのように横断図や縦断図、平面図といった図面を作成することはほとんどありません。まず、3Dモデルを作成してそこから2Dの図面を切り出していくような形になります。その分モデリングを行うのに専門的な技術と手間がかかりますが、ひとつひとつ図面を作成する手間が減った分仕事がだいぶ効率化されたように感じます。
20代女性 学生

2021年7月
個人利用をするにはコストが大きい
私は土木系の学部に在籍しており現在授業でCIVIL3Dのアカデミック版を利用していますが、学生ではない個人が勉強しようとするには非常に高価なソフトだと思います。

評判・口コミまとめ

CIVL3Dは、使いこなせると工程の効率化や予算削減につながる反面、コストの高さや操作面などで導入するハードルが高いという意見がありました。

以下の記事で3DCADを学ぶためのおすすめの講座を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

CIVIL 3Dをお得に安く利用する方法

CADソフトは、エクセルやワードのような一般的なPC向けソフトウェアと比べると比較的高価なものが多いです。そのため、いかにお得に利用できるかというのは大切な問題です。

しかし、実際、なかなか安く利用できるという方法はなく、お得に利用するための最も現実的な方法は長期割引を利用することです。例えば、AutoCADでは長期契約を利用すると最大で月3,400程度安く利用することができます。これは、割引率でいうと約40%程度の割引率となるので、購入するときはぜひ長期割引を利用したいところですね。

>>CIVIL3Dの無料体験版を利用する

まとめ

この記事では、CIVIL 3Dについて、その特徴から価格、評判までを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)ソフトは、予算削減や業務の効率化の観点から、大手ゼネコンやディベロッパーにおいて導入が進んでいる次世代CADソフトです。個人で利用するには高価なソフトですが、今後ますます需要が増えてくるソフトですので、興味がある方は無料体験版で一度体験してみてください。

>>CIVIL3Dの無料体験版を利用する

また、他のおすすめCADソフトについては、以下の記事で比較・ランキング形式で紹介していますのでそちらを参考にしてください。

CIVIL 3DについてのQ&A

BIMとはどのようなソフトですか?
BIMとは、ビルディングインフォメーションモデリングの略で、コンピューター上に作成した3Dモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューションのことです。
無料体験版はありますか?
1カ月の無料体験版を利用することができます。>>CIVIL3Dの無料体験版を利用する
一括で購入することはできないのですか?
できません。サブスクリプション契約になるため継続的にこすとがかかります。
購入後すぐに使うことはできますか?
はい。契約完了後インストールしたAutoCADにライセンスキーを入力することですぐに使い始めることができます。

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webデザインや3DCGデザイン、Webコンテンツ制作で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。