INVENTORの特徴・評判・口コミ・料金・動作環境を徹底解説【3DCAD】
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • INVENTORの特徴は?
  • INVENTORの料金は?
  • INVENTORの評判・口コミは?

この記事では、上記のような質問に応える形で、INVENTORの特徴について紹介しています。

INVENTORとは?|特徴・価格は?

機械設計

製品設計分野で広いシェアを誇る3DCAD

AUTODESK   INVENTOR

  • 製品設計から開発工程全体を支援するプロフェッショナル向け3DCAD
  • 部品ユニットごとのファイル作成、モデリング工程の履歴など製品の修正に強い

Inventorは、AUTODESK(オートデスク)株式会社が販売している3DCADソフトウェアで、3D設計、ドキュメント作成、シミュレーション用のツールが搭載されています。設計段階において、部品やユニットごとにファイルを作成できたり、モデリングの工程を履歴として残すことができたりする点がInventorの強みです。

Inventor
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥46,200(税込)
価格(年額)¥367,400(税込)
利用されている業界建築・建設業界
製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
機能一覧3DCAD機能
3Dモデリング
アセンブリモデリング
図面の作成
BIM変換機能
CAE機能
PCB機能
シミュレーション機能
対応OSWindows
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)
推奨CPU3.0 GHz 以上、4 コア以上
推奨メモリ容量32GB 以上

>>INVENTORの無料体験版を利用する

INVENTORが選ばれる理由

ひとつのソフトで設計段階からエンジニアリング段階まで完結できる

INVENTORは、包括的な3DCADソフトで、ひとつのソフトで設計からエンジニアリングまでを完結することができる点が大きな特徴です。

部品・ユニットごとにファイルを作成して独立して管理ができる

INVENTORが選ばれる大きな理由のひとつが、部品やユニットごとにファイルを作成して管理ができるという点です。この機能により、ひとつの図面上で作成したオブジェクトをそのオブジェクトを構成するパーツまで詳細にモデリングすることができます。

シミュレーションツールでモデルのテストができる

シミュレーションツールでテストができるという点もINVENTORが人気の理由のひとつです。シミュレーションツールを利用することにより、設計段階で製品テストが行えるため、プロトタイプの作成などにかかる時間を大幅に短縮することができます。

INVENTORと他のCADソフトの比較

InventorFUSION360AutoCAD Plus(旧AutoCAD)REVITCivil 3D
画像
公式サイト
おすすめ度
価格(月々)¥46,200(税込)¥7,700(税込)¥28,600(税込)¥53,900(税込)¥50,600(税込)
価格(年額)¥367,400(税込)¥61,600(税込)¥231,000(税込)¥427,900(税込)¥408,100(税込)
利用されている業界建築・建設業界
製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
建築・建設業界
土木業界
土木業界(インフラ・道路・鉄道・用地)
機能一覧3DCAD機能
3Dモデリング
アセンブリモデリング
図面の作成
BIM変換機能
CAE機能
PCB機能
シミュレーション機能
3DCAD機能
3Dモデリング
レンダリング
CAM機能
CAE機能
PCB機能
3Dプリンタ出力
2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
各業種別のツールセット
3DCAD機能
鉄筋の詳細設計
構造用鋼材のモデリング
ダクト・配管系統モデリング
電気系統モデリング
施工モデリング
図面の作成
シミュレーション機能
3DCAD機能
BIM機能
3Dモデリング
サーフェスモデリング
橋梁設計
雨水管理
測量機能
土量計算
平面図の作成
シミュレーション機能
対応OSWindowsWindows/MacWindows/MacWindowsWindows
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)DirectX11 (Direct3D 10.1 以上)
VRAM 1 GB 以上の専用 GPU
RAM 6 GB 以上の内蔵グラフィックス
帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)Shader Model 5 搭載の DirectX 11 対応グラフィックス カードおよび 4 GB以上のビデオ メモリ帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨CPU3.0 GHz 以上、4 コア以上x86 ベースの 64 ビット プロセッサ(Intel Core i、AMD Ryzen シリーズなど)、4 コア、1.7 GHz 以上3 GHz 以上のプロセッサIntel® i-Series、Xeon®、AMD® Ryzen、Ryzen Threadripper PRO。2.5 GHz 以上 3 GHz 以上のプロセッサ
推奨メモリ容量32GB 以上4GB 以上16GB以上32GB 以上16GB 以上
販売会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社

INVENTORは、CIVIL3DやREVIT同様に使用するPCに高性能スペックが要求されます。また、REVITは建築分野、土木はCIVIL3D、そしてINVENTORは製品設計(機械・製造)というようにそれぞれ住み分けされていると見ることができます。

>>INVENTORの無料体験版を利用する

INVENTORの動作環境

INVENTORの推奨動作環境は以下の表を参考にしてください。

AUTODESK Inventor 動作環境
オペレーティングシステムMicrosoft® Windows® 10
ブラウザGoogle Chrome™ または同等のブラウザ
CPU推奨:
3.0 GHz 以上、4 コア以上
最小:
2.5 GHz 以上
グラフィックス ハードウェア推奨:
帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)
最小:
帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 対応)
画面解像度 推奨:
3840 x 2160 (4K)、推奨尺度: 100%、125%、150%、200%
最小:
1280 x 1024
メモリ推奨:
32 GB 以上の RAM
最小:
パーツが 500 個未満のアセンブリの場合、16 GB の RAM
ディスク空き容量インストーラと完全インストール: 40 GB
ポインティング デバイスマイクロソフト社製マウス互換

>>INVENTORの無料体験版を利用する

INVENTORを利用するには、3D設計におけるあらゆるツールが搭載されているため、高性能で容量の大きなPC環境が必要になります。3DCADにおすすめのPCについては以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

INVENTORの評判・口コミ

クラウドソーシングを利用して、FUSION360の利用者に対してアンケートを実施すると以下のような意見がありました。

20代女性

2021年7月
個人利用をするにはコストが大きい
私は土木系の学部に在籍しており現在授業でCIVIL3Dのアカデミック版を利用していますが、学生ではない個人が勉強しようとするには非常に高価なソフトだと思います。
30代男性

2021年10月
部品ごとにファイルが作成されているので細かい修正が簡単
INVENTORの大きな特徴は、ひとつのモデルの中に存在する膨大な数の部品ごとにファイルが用意されている点です。これにより、細かな修正を全体にすぐに反映させることができるので、作業効率が大幅に上昇しているのを感じます。

INVENTORをお得に安く利用する方法

CADソフトは、エクセルやワードのような一般的なPC向けソフトウェアと比べると比較的高価なものが多いです。そのため、いかにお得に利用できるかというのは大切な問題です。

しかし、実際、なかなか安く利用できるという方法はなく、お得に利用するための最も現実的な方法は長期割引を利用することです。例えば、AutoCADでは長期契約を利用すると最大で月3,400程度安く利用することができます。これは、割引率でいうと約40%程度の割引率となるので、購入するときはぜひ長期割引を利用したいところですね。

>>INVENTORの無料体験版を利用する

まとめ

この記事では、3DCAD INVENTORについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

INVENTORは、AUTODESKが販売している上位版の3DCADソフトで、INVENTORを使えばほとんどの3DCAD業務をこなすことができます。その分費用もかかりますが、間違いなく需要のあるスキルなので、これから勉強を始めようと考えている方はぜひ公式サイトで詳細を確認してください。

>>INVENTORの無料体験版を利用する

また、他のおすすめCADソフトについては、以下の記事で比較・ランキング形式で紹介していますのでそちらを参考にしてください。

INVENTORについてのQ&A

BIMとはどのようなソフトですか?
BIMとは、ビルディングインフォメーションモデリングの略で、コンピューター上に作成した3Dモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューションのことです。
無料体験版はありますか?
1カ月の無料体験版を利用することができます。>>CIVIL3Dの無料体験版を利用する
一括で購入することはできないのですか?
できません。サブスクリプション契約になるため継続的にこすとがかかります。
購入後すぐに使うことはできますか?
はい。契約完了後インストールしたAutoCADにライセンスキーを入力することですぐに使い始めることができます。

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webデザインや3DCGデザイン、Webコンテンツ制作で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。