おすすめのCAD向けノートパソコン
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • CADソフトが快適に動作するおすすめのパソコンを知りたい。
  • 性能やコスト、サイズなど自分のニーズに合ったノートパソコンがどれなのか知りたい。
  • CADソフトが快適に動作するパソコンの選び方のポイントを知りたい。
  • パソコンのスペック表の見方のポイントを知りたい。

この記事では、上記のような質問に応える形で、CADソフトにおすすめのノートパソコンの紹介からユーザーのニーズに合ったノートパソコンの解説までを行っています。また、CADソフトが快適に動作するための要件や、その要件を満たすノートパソコンの選び方についても説明していますのでぜひ参考にしてください。

この記事のポイント

  • CADソフトを快適に動作させるためには、ノートパソコンのCPUGPU(グラフィックボード)の性能が重要です。
  • CPUに求められる具体的な性能は周波数(処理能力)が2.50Ghz以上のプロセッサーがおすすめ。CPUについての詳しい説明は記事本文を参考にしてください。
  • GPU(グラフィックボード)に求められる具体的な性能は2DCAD、3DCADでそれぞれ異なります。2DCADの場合はコストパフォーマンスに優れたインテルIrisXeグラフィックス、もしくはNvidia GeForceシリーズがおすすめ、3DCADの場合はより高価で高性能なNvidia QUADROシリーズ、Nvidia RTXシリーズがおすすめです。

  • おすすめPC① ThinkPad Tシリーズ|Lenovo|標準構成 150,128円(税込)|2DCAD向け
  • おすすめPC② DAIV 4Pシリーズ|mouse|標準構成 159,800円(税込)|2DCAD向け
  • おすすめPC③ ThinkPad X1 Nano|Lenovo|標準構成 198,990円(税込)|2DCAD向け
  • おすすめPC④ ThinkPad Pシリーズ|Lenovo|標準構成 303,116円(税込)|3DCAD向け
  • おすすめPC⑤ DAIV 5Nシリーズ|mouse|標準構成 230,780円(税込)|3DCAD向け


この記事で紹介しているCAD向けノートパソコン一覧

この記事で紹介しているCAD向けノートパソコンの一覧です。記事全体を読む時間がないという方は以下の表を参考にして下さい。

商品名ThinkPad T14smouse DAIV 4PThinkPad X1 NanoThinkPad P1mouse DAIV 5NMSI GF63 Thin 11SMSI CreatorPro M16LG gram
おすすめ度
公式
価格(税込み)150,128円159,800円198,990円303,116円230,780円119,800円299,800円219,960円
OSWindows 11 Home 64bitWindows 11 Home 64bitWindows 11 Home 64bitWindows 11 Home 64bitWindows 11 Home 64bitWindows 11 Home 64bitWindows 11 Home 64bitWindows 11 Home 64bit
ディスプレイサイズ14.0型14.0型13.0型16.0型15.6型15.6型16.0型14.0型
CPUCore i7-1165G7Core i7-1165G7Core i5-1130G7Core i7-11800HCore i7-11800HCore i7-11800HCore i7-12700HCore i7-1195G7
グラフィックスインテル® Iris® Xe
グラフィックス
インテル® Iris® Xe
グラフィックス
インテル® Iris® Xe
グラフィックス
NVIDIA® RTX™ A2000
Laptop GPU 4GB GDDR6
GeForce RTX™ 3060
Laptop GPU
NVIDIA® GeForce® GTX™
1650 Max-Q 4GB
NVIDIA® RTX A2000
GDDR6 8GB
インテル® Iris® Xe
グラフィックス
メモリー16GB16GB16GB16GB16GB16GB32GB16GB
システムストレージ256GB NVMe対応SSD512GB NVMe対応SSD512GB NVMe対応SSD512GB NVMe対応SSD512GB NVMe対応SSD512GB NVMe対応SSD1TB NVMe対応SSD1TB NVMe対応SSD
バッテリー駆動時間約 23.6時間約 12時間約 23時間約 13.7時間約 6.0時間約 7.0時間約 8.0時間約 31.0時間
質量約 1.28kg約 991g約 907g約 1.81kg約 1.73kg約 1.86kg約 2.26kg約 999g
メーカーLenovomouseLenovoLenovomouseMSIMSILG

おすすめのCAD向けノートパソコン 8選

ThinkPad Tシリーズ

1位
ThinkpadTシリーズ

Lenovo ThinkPadシリーズのフラッグシップモデル

Thinkpad Tシリーズは株式会社Lenovoが販売しているパソコンで、ThinkPadシリーズのフラッグシップモデルです。その特徴は、高いパフォーマンスと優れた耐久性で、オフィスや外出先、移動中でも場所を問わず利用できること、また、長時間駆動のバッテリーや、超高速のUSB Type–CとThunderbolt® のポート、高性能のプロセッサーなど、生産性を高める機能が豊富に搭載されている点です。

 おすすめのポイント
  • 高性能CPU高性能GPU(グラフィックボード)を搭載
  • 画像・動画編集、Webデザイン、プログラミング、2DCADなどの作業が可能
  • コストパフォーマンスに優れたモデル
  • 約23.6時間と長時間のバッテリー駆動時間
  • 過酷な環境にも耐えられる優れた耐久性
  • ThinkPadはシリーズ全体で販売数1億台を超える人気モデル
  • 365日24時間体制の丁寧なサポート
スペック例
商品名ThinkPad T14s Gen 2
価格(税込み)150,128円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー (2.80 GHz 最大 4.70 GHz)
バッテリー駆動時間約 23.6時間
グラフィックスインテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリー16GB LPDDR4X 4266MHz
システムストレージ256 GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe OPAL対応
無線ネットワークインテル® Wi-Fi 6 AX201 2x2 & Bluetooth®
ディスプレイ14.0型FHD液晶 IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 300 nit
WEBカメラ約92万画素
プライバシーシャッター付
質量約 1.28kg

>>Lenovoのオンラインショップはこちら

 

DAIV 4Pシリーズ

2位
DAIV-4Pシリーズ

マウスコンピューター

DAIV 4Pシリーズ

おすすめ度:

コストパフォーマンスに優れたクリエイター向け軽量ノートパソコン

DAIV 4Pシリーズは株式会社マウスコンピューターが販売しているクリエイター向けノートパソコンの軽量モデルです。高性能・薄型・コンパクトが特徴で、外出先や移動中にパソコンを開く機会が多い方におすすめのモデルです。

 おすすめのポイント
  • 高性能CPU高性能GPU(グラフィックボード)を搭載
  • 画像・動画編集、Webデザイン、プログラミング、2DCADなどの作業が可能
  • コストパフォーマンスに優れたモデル
  • 約12時間と長時間のバッテリー駆動時間
  • 約991gと軽量で携帯性に優れている
  • オプションで持ち運びに便利なUSB専用AC充電器を選択可能
スペック例
商品名mouse DAIV 4P
価格(税込み)159,800円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー
バッテリー駆動時間約 12時間
グラフィックスインテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリー16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
システムストレージ512GB (NVMe対応)
無線ネットワークインテル® Wi-Fi 6 AX201
ディスプレイ14.0型 WUXGAノングレア
WEBカメラ100万画素
Windows Hello 顔認証カメラ搭載
質量約 991g

>>マウスコンピューターのオンラインショップはこちら

 

ThinkPad X1 Nano

3位
ThinkPad-X1-Nano

SIMカードを搭載できるThinkPad史上最軽量モデル

Thinkpad X1 Nanoは株式会社Lenovoが販売しているThinkPad史上最軽量の13.0型モバイルノートパソコンです。その特徴は、軽量でありながら、素早い起動スピード、長時間のバッテリー駆動時間、画像編集などもこなせる優れたパフォーマンスを実現している点です。また、SIMカードを挿入できる5G対応のモデルもあり、持ち運びなどのモバイル性に非常に優れたモデルであるといえます。

 おすすめのポイント
  • 高性能CPU高性能GPU(グラフィックボード)を搭載
  • 画像・動画編集、Webデザイン、プログラミング、2DCADなどの作業が可能
  • コストパフォーマンスに優れたモデル
  • 約907gとトップクラスの軽量モデル
  • 約23時間と長時間のバッテリー駆動時間
  • オプションでSIMカードを搭載できる5Gモデルを選択可能
  • ThinkPadはシリーズ全体で販売数1億台を超える人気モデル
  • 365日24時間体制の丁寧なサポート
スペック例
商品名ThinkPad X1 Nano Gen 1
価格(税込み)198,990円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i5-1130G7 プロセッサー (1.8 GHz 最大 4.00 GHz)
バッテリー駆動時間約 23時間
グラフィックスインテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリー16 GB LPDDR4X-4266MHz
システムストレージ512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
無線ネットワークインテル® Wi-Fi 6 AX201 2x2
ディスプレイ13.0型2K液晶 IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 450 nit, LEDバックライト, 省電力
WEBカメラ約92万画素
プライバシーシャッター付
質量約 907g

>>Lenovoのオンラインショップはこちら

 

DAIV 5Nシリーズ

4位
DAIV-5Nシリーズ

マウスコンピューター

DAIV 5Nシリーズ

おすすめ度:

ハイスペックでコスパに優れたモバイルワークステーションPC

DAIV 5Nシリーズは株式会社マウスコンピューターが販売しているモバイルワークステーションPCです。高性能CPUに加えグラフィックボードにNvidia社のQUADROの後継であるRTXシリーズを搭載していることが特徴で、3Dモデリングからレンダリング、VR製作、動画編集、機械学習処理、テレワークまであらゆる作業をストレスなく行うことができます

 おすすめのポイント
  • 高性能CPUを搭載
  • GPU(グラフィックボード)に高性能なNVIDIA GeForce RTXを搭載
  • 3Dモデリング、レンダリング、3DCAD、VR制作、機械学習処理などの作業が可能
  • コストパフォーマンスに優れたモデル
  • モバイルワークステーションの中では軽量で携帯性に優れている
スペック例
商品名mouse DAIV 5N
価格(税込み)230,780円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-11800H プロセッサー
バッテリー駆動時間約 6.0時間
グラフィックスGeForce RTX™ 3060 Laptop GPU
メモリー16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
システムストレージ512GB (NVMe対応)
無線ネットワークインテル® Wi-Fi 6 AX201
ディスプレイ15.6型 液晶パネル (ノングレア)
WEBカメラ100万画素
Windows Hello 顔認証カメラ搭載
質量約 1.73kg

>>マウスコンピューターのオンラインショップはこちら

 

ThinkPad Pシリーズ

5位
ThinkPad-Pシリーズ

ThinkPadシリーズ最高性能のモバイルワークステーションPC

Thinkpad Pシリーズは株式会社Lenovoが販売しているモバイルワークステーションPCです。その特徴は、Thinkpadシリーズの中で最も高速なグラフィックスとプロセッサーを搭載し、3DモデリングからVRコンテンツの作成、建築図面のレンダリングなど計算量の多いあらゆる業務こなせる点です。

 おすすめのポイント
  • 高性能CPUを搭載
  • GPU(グラフィックボード)に高性能なNVIDIA GeForce RTXを搭載
  • 3Dモデリング、レンダリング、3DCAD、VR制作、機械学習処理などの作業が可能
  • 約13.7時間と比較的長時間のバッテリー駆動時間
  • ThinkPadはシリーズ全体で販売数1億台を超える人気モデル
  • 365日24時間体制の丁寧なサポート
スペック例
商品名ThinkPad P1 Gen 4
価格(税込み)303,116円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-11800H プロセッサー (2.30 GHz 最大 4.60 GHz)
バッテリー駆動時間約 13.7時間
グラフィックスNVIDIA® RTX™ A2000 Laptop GPU 4GB GDDR6
メモリー16 GB DDR4-3200MHz (SODIMM) (8 GB x 2)
システムストレージ512 GB SSD M.2 2280 PCIe-NVMe OPAL対応
無線ネットワークインテル® Wi-Fi 6E AX210 2x2 & Bluetooth® vPro®対応
ディスプレイ16.0型WQXGA液晶 IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 400 nit, ブルーライト軽減パネル
WEBカメラ約207万画素
プライバシーシャッター付
質量約 1.81kg

>>Lenovoのオンラインショップはこちら

 

MSIゲーミングノート

6位
MSI-ゲーミングノート

仕事でも最高のパフォーマンスを発揮する最強のゲーミングノートPC

MSIゲーミングノートPCは、グラフィックボードにGeForceシリーズを採用しているノートパソコンです。様々な3Dゲームを快適に楽しめることに加え、グラフィック系のアプリケーションや、CADソフトも快適に動作させることができます。また、CPUやメモリについてもオプションで好みの仕様を選択することができるため、費用を最小限に抑えた最小構成のモデルから最高のグレードまで自分の好みに合ったスペックを選択することができるのも魅力のひとつです。

 おすすめのポイント
  • 高性能CPU高性能GPU(グラフィックボード)を搭載
  • 画像・動画編集、Webデザイン、プログラミング、2DCADなどの作業が可能
  • コストパフォーマンスに優れたモデル
  • CPUやメモリ、GPUをオプションで好みの仕様に選択可能
  • 過酷な環境にも耐えられる優れた耐久性
スペック例
商品名MSI ゲーミングノート GF63 Thin 11S
価格(税込み)119,800円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-11800Hプロセッサー
バッテリー駆動時間約 7.0時間
グラフィックスNVIDIA® GeForce® GTX™1650 Max-Q 4GB
メモリー16GB(8GBx2) - DDR4-3200 SO-DIMM
システムストレージ【NVMe】 512GB - 初期搭載SSD
無線ネットワークIEEE 802.11ax + Bluetooth 5.1
ディスプレイ15.6型 (ノングレア) 広視野角・高精細ディスプレイ
WEBカメラ約92万画素
質量約 1.86kg

>>アークオンラインショップはこちら

 

MSI CreatorPro

7位
MSI-ワークステーションノート

ゲーミングノートで培った技術を結集したクリエイター向けモバイルワークステーション

MSI CreatorProは、MSIが販売している高性能モバイルワークステーションPCです。ゲーミングノートパソコンで培った冷却・静音技術とプロフェッショナル向けグラフィックスNVIDIA RTXを搭載したプロフェッショナル向けのワークステーションです。3Dモデリングからレンダリング、VR開発にも使えることが特徴です。

 おすすめのポイント
  • 高性能CPUを搭載
  • GPU(グラフィックボード)に高性能なNVIDIA GeForce RTXを搭載
  • 3Dモデリング、レンダリング、3DCAD、VR制作、機械学習処理などの作業が可能
  • CPUやメモリ、GPUをオプションで好みの仕様に選択可能
  • 過酷な環境にも耐えられる優れた耐久性
スペック例
商品名MSI ワークステーションノート CreatorPro M16
価格(税込み)299,800円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-12700Hプロセッサー
バッテリー駆動時間約 8.0時間
グラフィックスNVIDIA® RTX A2000 GDDR6 8GB
メモリー32GB(16GBx2) - DDR4-3200 SO-DIMM
システムストレージ【NVMe・PCIe4.0】 1TB - 初期搭載M.2 SSD
無線ネットワークIEEE 802.11ax + Bluetooth 5.2
ディスプレイ16.0型(ノングレア) 広視野角・高精細ディスプレイ
WEBカメラ約92万画素
質量約 2.26kg

>>アークオンラインショップはこちら

 

LG gram

8位
LG-薄型軽量ノート

軽量・長時間駆動が特徴のLG製ノートパソコン

LGの薄型軽量ノートgramは、たった999gという軽量さながらまる1日使用できる長時間バッテリー、最新のintel coreプロセッサー、インテル製の高性能グラフィックボードを備えた、小さな高性能ノートPCです。特に、仕事でパソコンを持ち歩くことが多いという方には、その軽量さからおすすめできるノートパソコンです。

 おすすめのポイント
  • 高性能CPU高性能GPU(グラフィックボード)を搭載
  • 画像・動画編集、Webデザイン、プログラミング、2DCADなどの作業が可能
  • 約999gと軽量性が特徴
  • 約31時間と長時間のバッテリー駆動時間
スペック例
商品名LG 薄型軽量ノートgram
価格(税込み)219,960円
OSWindows 11 Home 64bit
CPUインテル® Core™ i7-1195G7プロセッサー
バッテリー駆動時間約 31.0時間
グラフィックスインテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリー16GB - LPDDR4x-4266
システムストレージ【NVMe】 1TB - 初期搭載SSD(PCIEx Gen3 x4)
無線ネットワークWi-Fi 6+ Bluetooth 5.1
ディスプレイ14型 WUXGA (グレア) IPSディスプレイ
WEBカメラ約92万画素
質量約 999g

>>アークオンラインショップはこちら

 

目的別・用途別のおすすめCAD向けノートパソコン|比較まとめ

比較の画像

ここでは、それぞれのノートパソコンの性能や機能、価格を比較して、目的や用途ごとにおすすめのノートパソコンを紹介しています。

2DCAD向けのおすすめノートパソコン

2DCADソフトを快適に動作させるためには、GPU(グラフィックボード)を搭載しているノートパソコンがおすすめです。グラフィックボードには、コストパフォーマンスに優れたプロセッサーから高価で高性能なプロセッサーまで様々な種類がありますが、2DのCADであればコストパフォーマンスに優れたグラフィックボードで十分に動作させることができます。(グラフィックボードについての詳しい説明は記事の後半を参考にしてください。)

公式サイトグラフィックス価格(税込み)
ThinkPad T14s
公式サイトインテル® Iris® Xe グラフィックス標準構成:150,128円
mouse DAIV 4P
公式サイトインテル® Iris® Xe グラフィックス標準構成:159,800円

3DCAD向けのおすすめノートパソコン

3DCADソフトを快適に動作させるためには、高価で高性能なGPU(グラフィックボード)が必要です。具体的には、Nvidia社のQUADROやGeForce RTXといった高性能なグラフィックボードが必要です。

公式サイトグラフィックス価格(税込み)
mouse DAIV 5N
公式サイトGeForce RTX™ 3060標準構成:230,780円
ThinkPad P1
公式サイトNVIDIA® RTX™ A2000標準構成:303,116円

コストパフォーマンスに優れたCAD向けノートパソコン

コストパフォーマンスに優れたモデルには、ThinkPad TシリーズやマウスコンピューターのDAIV 4Pがあります。お手ごろな価格で高性能ノートパソコンを手に入れることができます。

公式サイト価格(税込み)スペック
ThinkPad T14s
公式サイト標準構成:150,128円モニター:14.0型
Core i7-1165G7
インテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ:16GB
mouse DAIV 4P
公式サイト標準構成:159,800円モニター:14.0型
Core i7-1165G7
インテル® Iris® Xe グラフィックス
メモリ:16GB

携帯性に優れたCAD向けノートパソコン

携帯性に優れている条件は、ノートパソコン本体の質量が軽いという点と充電せずに長時間使用できるという点です。また、最近ではSIMカードを搭載できる5G対応のノートパソコンもあり、5G対応モデルであればwifi環境がない場所でもいつでもどこでもスマホと同じようにインターネットにアクセスすることができます

公式サイト重さ/バッテリー駆動時間価格(税込み)
ThinkPad X1 Nano
公式サイト約 907g
約 23時間
※SIM搭載5G対応モデル選択可能
標準構成:198,990円
mouse DAIV 4P
公式サイト約 991g
約 12時間
※USB専用小型AC充電器選択可能
標準構成:159,800円

 

グラフィックボード選びがCADを快適に動作させるために最も重要な要件

Gpu

グラフィックボードって何?

CADをパソコン上で快適に動作させるために必要不可欠な要件は、グラフィックボードです。グラフィックボードとは、映像関連の計算処理を行うGPU(Graphics Processing Unit)によってディスプレイに3D映像などのグラフィックスを出力することを目的としたPCパーツです。簡単に言うとグラフィックスに特化したCPUだと思ってもらえばいいですね。

このグラフィックボードが複雑な計算処理を行ってくれることによって、CADアプリケーションを使って3D図面や設計図などの複雑な情報をストレスなく出力することができるようになります。

具体的にどのようなグラフィックボードが必要なのか?

グラフィックボードと一口に言ってもその種類はたくさんあります。一般的に有名なのは、ゲーミングPCなどのハイスペックPCに装備されているNvidia社が提供する『GeForceシリーズ』AMD社が提供する『Radeonシリーズ』などがあります。

また、より3Dグラフィックスなどの処理に特化した上位モデルのグラフィックボードに、Nvidia社の『QUADRO』やその後継モデルである『RTX』というグラフィックボードがあります。

2DCADにおすすめのグラフィックボードとは?

多くのCAD向けパソコンの紹介サイトなどを見ると『QUADRO』や『RTX』を搭載しているパソコンをおすすめしているのを見ます。しかし、『QUADRO』や『RTX』はグラフィックボードの中でも非常に高価です。グラフィックボードだけで10万円超えなんていうのもざらです。

はたして本当にここまで高いグラフィックボードは必要なのでしょうか?

その答えを知るために、AUTODESK社のホームページで実際にAutoCADの動作環境としてどのようなグラフィックボードを求めているのか見てみましょう。

AutoCADPlus(旧AutoCAD)2022 動作環境
オペレーティング システム64 ビット版 Microsoft® Windows® 10サポート情報については、オートデスクの「製品サポートのライフサイクル」を参照してください。
プロセッサ基本: 2.5 ~ 2.9 GHz のプロセッサ
推奨: 3 GHz 以上のプロセッサ
メモリ基本: 8 GB
推奨: 16 GB
画面解像度従来型ディスプレイ:
True Color 対応 1920 x 1080
高解像度および 4K ディスプレイ:
Windows 10 でサポートされる最大 3840 x 2160 の解像度(対応するディスプレイ カードが必要)
ディスプレイ カード基本: 帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 互換)
推奨: 帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
ディスク空き容量10.0 GB
ネットワークネットワーク ライセンスに依存するアプリケーションを実行するライセンス サーバとすべてのワークステーションは、TCP/IP プロトコルを実行する必要があります。
アプリケーションでサポートされるオペレーティング システムに加えて、ライセンス サーバは、Windows Server® 2012 R2、Windows Server 2016、Windows Server 2019 エディションで実行できます。
ポインティング デバイスマイクロソフト社製マウスまたは互換製品
.NET Framework.NET Framework バージョン 4.8 以降

この表の中のディスプレイカードと表記されている部分がグラフィックボードにあたります(正確には、グラフィックボードに含まれるGPU)。このディスプレイカードの項目を見てもらうと、基本:DirectX 11互換推奨:DirectX 12互換と記載されているのが分かると思います。

このDirectXというのは、Nvidia社製の『GeForceシリーズ』インテル製の『インテルIris Xeグラフィックス』に含まれるGPUです。つまり、AutoCAD 2022については高価なグラフィックボードまで使わなくても十分動きますよということを表しています。

かなり大規模なデータを扱うといった特殊なケースを除いては、『GeForceシリーズ』や『インテルIris Xeグラフィックス』で十分だということが分かりますね。

ちなみに、わたしが使用しているパソコンもGeForceGTX1070というグラフィックボードを使っていますが、AutoCADは十分快適に動作します。

pcスペック

3DCADにおすすめのグラフィックボードとは?

3D対応のCADソフトの場合は以下のようなスペックが求められます。

AUTODESK 3ds Max 動作環境
オペレーティングシステムMicrosoft® Windows® 10
ブラウザMicrosoft® Edge
Google Chrome™
Microsoft® Internet Explorer®
Mozilla® Firefox®
CPU64 ビット Intel® または AMD® マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用
グラフィックス ハードウェアNVIDIA Quadroシリーズ 推奨
AMD FireProシリーズ 推奨
RAM最低 4 GB の RAM (8 GB 以上を推奨)
ディスク空き容量インストール用に 9 GB のディスク空き容量
ポインティング デバイス3 ボタン マウス

3DSMAXとは、3Dモデリングやレンダリング向けのソフトで、建築分野だと完成物のイメージ図などに利用されることの多いソフトです。

上記のように3Dに特化したソフトであれば、必要なグラフィックボードのスペックはNvidia社の『QUADRO』や『RTX』以上になります。実際に『GeForceシリーズ』で動かした場合、動きがカクカクしたり、フリーズしたりするケースが見られました。

>>目的・用途別のおすすめCAD向けノートパソコンの紹介に戻る

CADを快適に動作させるためのその他の条件(CPUとメインメモリ)

Cpu

上記でも説明してきたようにCADを快適に動作させるためにはグラフィックボードは非常に大切な部分です。しかし、ただ単に優れたパフォーマンスのグラフィックボードを装備しただけでは意味がありません。

グラフィックボードをの力を最大限引き出すためには、そのグラフィックボードにあったスペックのCPUやメモリ容量が必要になってくるのです

Dを快適に動かすためにグラフィックボードが重要だということは何度も書いていますが、実は2Dについては、その動作の快適性はCPUに大きく左右されるのです。そういった意味でもCPU性能は重要で、最低でも周波数が2.50Ghz以上、できれば3.0Ghz以上のCPUが必要です。具体的には、第11世代のインテルCorei5やCorei7がおすすめです。

 CPU性能の見方のポイント
CPUは、中央演算処理装置と呼ばれ、PCに対して基本命令をだすことでPCの動きを制御指定しています。その命令を1秒間に何個出せるのかというのが、GHzで表されます
例えば、2.80GHzの性能のCPUであれば、1秒間に28億回の命令を出せるということを表しており、単純にこのGHzの数値が大きければ大きいほど高速な処理能力を持っているということになります

 

また、メモリ容量についても注意が必要です。CPUとグラフィックボードのGPUを同時動かすということはそれだけ処理しなければならない演算の量も増えるということです。実際、CADの動きが急に遅くなったという場合の原因で最も多いのはこのメモリの容量の不足というケースがほとんどではないでしょうか?そういった意味でも、メモリ容量については最低でも8GB以上できれば16GB以上あればいいですね。

>>おすすめのCAD向けノートパソコンの一覧に戻る

CAD向けパソコンの失敗しない選び方のポイント

ここまで書いてきたことをまとめるとCAD向けパソコンに求められる要件は、コストパフォーマンスも併せて考えると以下の3点です。

 2D・3DCAD向けパソコン選びの基準
  • グラフィックボードは『インテルIris Xeグラフィックス』もしくは『Nvidia GeForceシリーズ』(3DCADの場合は『Nvidia RTX』『Nvidia QUADRO』)
  • CPUは、2.50Ghz以上、できれば3.0Ghz以上の性能
  • メモリ容量は8GB以上、できれば16GB以上の容量

>>おすすめのCAD向けノートパソコンの一覧に戻る

CAD向けノートパソコンをお得に購入するには?

CAD向けのノートパソコンをお得に購入するための方法のひとつは、型落ちモデルなどの購入を検討することです。上記のおすすめで紹介したパソコンのほとんどが公式サイトの中で型落ちモデルの特設ページが準備されています。型落ちといっても1年程度前に発売されているだけで、ほとんど性能の差はないものも多いです。ぜひ、購入前に一度検討するようにしましょう。

お得に購入するためのもうひとつの方法は、キャンペンーンやセールを利用することです。この記事で紹介している各メーカーのオンラインショップでもよくセールやキャンペーンが開催されているので定期的に見てみてください。

まとめ

この記事では、CAD向けパソコンの選び方の基準やおすすめのCAD向けノートパソコンを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

コストを最優先に選ぶのか、それとも性能を最優先に選ぶのか、もしくは携帯性を最優先に選ぶのか、最終的な選択の基準は人それぞれです。ぜひ、この記事で紹介したノートパソコンを参考に自分に合ったノートパソコンを探してください

>>目的・用途別のおすすめCAD向けノートパソコンの紹介に戻る

また、当サイトではCADについての様々な情報を紹介していますのでそちらの記事もぜひ参考にしてください。

CAD向けノートパソコンについてのQ&A

CADを快適に動かすためにはNvidiaQUADRO以上のグラフィックボードは必須ですか?
いいえ。CADソフトの動作環境にも記載されているように、AutoCADのような汎用CADソフトの場合は帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 互換)に準ずるスペックで動作するためNVIDIA GeForce程度のグラフィックボードがあれば十分動作します。
BTOパソコンとはどのようなパソコンですか?
BTOとは「Build To Order」の略称で、受注生産を意味します。注文を受けてから製品をするため、CPUやメモリ、ストレージなどのパーツや、延長保証などのサービスを自分好みにカスタマイズすることができます。
Lenovoオンラインショップ|支払方法を教えてください。
銀行振込(一括)、クレジットカード(一括払いのみ:AMEX、JCB、VISA、MASTER)、分割 払い(JACCSショッピングクレジット)から選択することができます。
Lenovoオンラインショップ|領収書を発行してもらいたいのですが?
領収証の発行は、銀行振込もしくはクレジットカード払いに限り発行可能です。クレジットカード決済の場合は、領収書発行依頼は不要で自動で発行されます。銀行振り込みの場合は、発行受付窓口へメール依頼する必要があります。
Lenovoオンラインショップ|注文をキャンセルしたい場合はどうすればいいですか
CTO製品(システム構成を変更・選択の上、注文された商品)については、あいにく、お客様のご都合による変更やキャンセルはできません。但し、ご決済日より14日以内に出荷されない場合はこの限りではなく、お客様都合による キャンセルが可能です。CTO製品以外については、ご注文商品の出荷手続きが開始されるまではキャンセルが可能です。
Lenovoオンラインショップ|注文から出荷、到着までの期間はどれくらいかかりますか?
短納期モデルの場合は、国内倉庫からの出荷となる為、商品の到着はご注文から通常3営業日、出荷からは最短で2営業日 かかります。カスタマイズモデルをはじめとする各製品(米沢生産モデルを除く)は、海外生産になります。このため通常の場合、国外倉庫からの出荷となる為、出荷から到着まで最短で4営業日(バッテリーを除く周辺機器を全て)かかります。
Lenovoオンラインショップ|Eクーポンの使い方を教えてください。
Eクーポンはショッピングカートページにて、以下の2つの方法で利用することができます。
◆クーポンを適用する方法
ショッピングカートのページで「クーポンを利用」ボタンをクリックするだけです。

クーポンを適用する①

◆お手持ちのクーポンを適用する方法
ショッピングカートのページでお手持ちのクーポンを直接入力する。

mouseオンラインショップ|支払方法を教えてください。
銀行振込(一括)、クレジットカード、代金引換払い、コンビニ払いから選択することができます。
mouseオンラインショップ|領収書を発行してもらいたいのですが?
領収証の発行は、いずれの購入方法でも可能です。詳しくは以下のページをご確認ください。
https://www.mouse-jp.co.jp/store/faq/purchase.aspx
mouseオンラインショップ|注文から出荷、到着までの期間はどれくらいかかりますか?
注文日からお届け先のご住所までに要する日数は、 下記の 2つの日数の合計で決まります。
・ご注文確定から商品出荷日までの日数 (営業日)
・工場出荷日からお届け先の住所までに要する日数(長野県より出荷)
※ 出荷予定日はモデルによって異なります。各製品ページ記載の出荷目安日程をご確認ください。
パソコンショップアークとはどのようなお店ですか?
東京都秋葉原にあるBTOパソコン専門店です。MSIやGIGABYTE、LGといった高性能BTOパソコンにおいて日本トップクラスの品揃えが特徴です。

 

この記事の監修協力
@ツノシカ
応用情報処理技術者、ITストラテジスト。元IT系プロジェクトマネージャで半導体やマイクロプロセッサ等のハードウェアから会計システムやクラウドシステムといったソフトウェアまでの開発経験あり。現在は、IT系コラムの執筆や中小企業に対してのITシステムのコンサルティングを行っている。