TurboCADの特徴・評判・口コミ・料金・動作環境を徹底解説【2DCAD・汎用CAD】
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • TurboCADの特徴は?
  • TurboCADの料金は?
  • TurboCADの評判・口コミは?

この記事では、上記のような質問に応える形で、TurboCADの特徴について紹介しています。

TurboCADとは?|特徴・価格は?

コスパ抜群

お手頃価格でAUTOCAD互換CADが利用できる

Turbo CAD

  • お手頃価格で建築・土木・機械・製造など様々な業界に対応した本格的なCADが使える
  • AUTOCADとの互換性に優れスムーズなファイルのやりとりが可能

TurboCAD DESIGNER版
販売会社キャノンITソリューションズ株式会社
価格(月々)-
価格(年間)買い切り
¥19,800(税込)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
機能一覧2DCAD機能
多彩な種類のファイル入出力機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
対応OSWindows
推奨グラフィックカード指定なし
推奨CPUより最新且つ高速なCPU
推奨メモリ容量16GB 以上

TurboCADとは、キャノンITソリューションズ株式会社が販売しているCADソフトで、機械・建築・土木といった分野で使われている汎用CADです。

また、TurboCADは用途・価格によって以下のような3つのエディションの中から選ぶことができます。

TurboCADの3つのエディション
DESIGNER版\19,800(税込)2D CAD
DELUXE版\58,000(税込)3D CAD
PLATINUM版\178,000(税込)3D/CG CAD

>>AMAZONでTurboCADの販売価格を確認する

TurboCADと他のCADソフトの比較

TurboCAD DESIGNER版AutoCAD(旧AutoCAD LT)AutoCAD Plus(旧AutoCAD)Corel CADVectorWorks
画像
公式サイト
おすすめ度
価格(月々)買い切り¥8,800(税込)¥28,600(税込)買い切り買い切り
価格(年額)AMAZONで確認¥71,500(税込)¥231,000(税込)AMAZONで確認AMAZONで確認
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
機能一覧2DCAD機能
多彩な種類のファイル入出力機能
AutoCAD互換機能
図面の作成

2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
各業種別のツールセット
2DCAD機能
3Dモデリング機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
2DCAD機能
3Dモデリング機能
BIM機能
インテリアデザイン
エンタテイメントデザイン
図面の作成
対応OSWindowsWindows/MacWindows/MacWindows/MacWindows/Mac
推奨グラフィックカード指定なし帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)指定なし指定なし
推奨CPUより最新且つ高速なCPU3 GHz 以上のプロセッサ3 GHz 以上のプロセッサより最新且つ高速なCPUより最新且つ高速なCPU
推奨メモリ容量16GB 以上16GB 以上16GB 以上16GB 以上16GB 以上
販売会社キャノンITソリューションズ株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社コーレル株式会社エーアンドエー株式会社

TurboCADが他のCADと比較して優れているポイントのひとつが、サブスクリプション契約ではなく買い切りで購入できるという点にあります。特に、クライアントなどの都合によりAUTOCAD環境が必要だけどサブスクリプション契約で継続して支払いしていくのがコスト面的に厳しいというような方から人気があるCADだといえます。

また、用途によって3つのタイプのエディションが用意されており、2DCAD機能だけだと\19,800(税込)で利用できるというのも魅力のひとつです。また、時期にもよりますがAMAZONで購入することで25%OFF程度購入できるのでさらにやすく導入することが可能です

>>AMAZONでTurboCADの販売価格を確認する

TurboCADの動作環境

TurboCAD 動作環境
オペレーティング システム64 ビット版 Microsoft® Windows® 10
プロセッサより最新且つ高速なCPU
メモリ16GB以上
画面解像度最低動作環境以上の高解像度モニタ
ディスプレイ カード指定なし

TurboCADを快適に動作させるためには比較的高スペックのPC環境が必要になります。2DCAD向けのおすすめパソコンについては以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

TurboCADが選ばれる理由

様々な分野で使うことができる高い汎用性

TurboCADが選ばれる理由のひとつが、建築業や土木業、機械・製造業といった様々な分野で利用できる汎用性の高さです。また、上位版であるTurboCAD PLATINUM版では、2D作図から3DCGの分野でのモデリングやレンダリングまでを行うことができます。

AutoCADとの高い互換性

AutoCADとの高い互換性もTurboCADが人気の理由のひとつです。TurboCADは、AutoCAD DWG、DXF、およびDWFファイル形式を完全にサポートしており、ユーザーの多いAutoCADユーザーとのデータ受け渡しをスムーズに行うことができます

直感的で使いやすいインターフェース

TurboCADのインターフェースは、AutoCADに近く見た目で直感的に分かりやすい操作性となっています。そのため、TurboCADを始めて使うユーザーでもすぐに仕事で使えるレベルまで持っていくことができます。

優れたコストパフォーマンス

TurboCADが人気の最大の理由は、優れたコストパフォーマンスで、TurboCAD DESIGNER2D版)であれば、19,800円(税込み)で利用することができます。なかなか専門的なCADソフトは高くて手が出せないという方でも手軽に利用できるのが特徴です。また、AMAZONなどの通販サイトを利用することでより安価にTurboCADを購入することが可能です

>>AMAZONでTurboCADの販売価格を確認する

TurboCADの評判・口コミ

AMAZONレビューでの評判・口コミ

角田光夫

2021年5月
メーカーのバックアップ
今まで20年間使っていたCADと操作が全く違うため、覚悟はしていましたがなかなかうまく使えず、その都度メールで問い合わせていましたが、その都度適切なガイドを頂き、取り合えず作成したかった図が、無事に完成することができて大変喜んでいます。発売元のバックアップが大変気に入りました。
raco

2021年7月
対価
価格を考えると十分妥当だと思います。
大吉

2021年10月
インストールが早い
注文してから納品までも非常に早く対応してくださり、商品のインストールにかかる時間も早かったです。
使い勝手もよくサクサク仕事がはかどりました。

TurboCADの評判・口コミ まとめ

TurboCADの評判を見るとお手頃な価格でメーカーの対応も素晴らしいというような意見がありました。

>>AMAZONでTurboCADの販売価格を確認する

TurboCADをお得に安く利用する方法

TurboCADを安く利用する方法は、AMAZONを利用することです。公式サイトでは現在19,800円(税込み)で販売されていますが、AMAZONだと15,000円程度の価格で販売されていることがほとんどです。また、AMAZONではタイムセールなども行われており、そのようなタイミングで購入すればより安く購入することも可能です。

>>AMAZONでTurboCADの販売価格を確認する

まとめ

この記事では、TurboCADについてその特徴から価格、評判までを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

AutoCADやその他のCADソフトが価格的になかなか手を出せないという方にとっては、TurboCADはコストパフォーマンスに優れたCADソフトです。CAD図面をDWGで保存したり、DWGファイルを開いて編集したりできて、AutoCADとの互換性もあるので、安く低価格でCADを導入したいという方には実用性も高くおすすめのソフトです。

>>AMAZONでTurboCADの販売価格を確認する

また、他のおすすめCADソフトについては、以下の記事で比較・ランキング形式で紹介していますのでそちらを参考にしてください。

TurboCADについてのQ&A

なぜAMAZONで購入する安く手に入るのですか?
AMAZONで販売されているCorelCADは、並行輸入品になります。つまり、日本では販売されていないCorelCADの海外モデルを購入することができるので安く購入できます。
並行輸入品に何か問題はないのですか?
現状確認されている問題はありません。レビューなどにも書かれているように並行輸入品であっても日本語でセットアップすることが可能であるため、言語的な問題もありません。
AUTOCADとの互換性とはどういうことですか?
.dwgといったAUTOCAD形式の図面ファイルを編集、保存できるということです。これによりクライアントなどの都合でAUTOCAD環境が必要な場合、CorelCADを導入することで対応できます。

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webデザインや3DCGデザイン、Webコンテンツ制作で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。