【CADコンサルタント監修】おすすめの2DCAD・3DCADソフト比較ランキング10選+α
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • おすすめのCADソフトがどれか知りたい。
  • どの業界や分野でどのCADソフトがよく利用されているのか知りたい。
  • CADソフトを費用を抑えて導入する方法を知りたい。

この記事では、上記のような質問に応える形で、2DCAD、3DCAD、それぞれについての比較、ランキングを紹介しています。また、目的や業界によってどのようなCADを選ぶべきかについても説明していますのでぜひ参考にしてください。

※当サイトでは、クラウドソーシングを利用して紹介しているCADソフトの利用者満足度について複数のレビューを集めて、その評価をもとに客観的なランキングの作成をを行っています。

この記事で紹介する2DCADソフトの比較一覧

この記事で紹介している2DCADソフトの比較一覧です。それぞれのCADソフトのより詳しい情報については、ランキングの中で紹介しています。

AutoCAD(旧AutoCAD LT)AutoCAD Plus(旧AutoCAD)TurboCAD DESIGNER版Corel CADVectorWorks
画像
公式サイト
おすすめ度
価格(月々)¥8,800(税込)¥28,600(税込)買い切り買い切り買い切り
価格(年額)¥71,500(税込)¥231,000(税込)AMAZONで確認AMAZONで確認AMAZONで確認
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
機能一覧2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
各業種別のツールセット
2DCAD機能
多彩な種類のファイル入出力機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
2DCAD機能
3Dモデリング機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
2DCAD機能
3Dモデリング機能
BIM機能
インテリアデザイン
エンタテイメントデザイン
図面の作成
対応OSWindows/MacWindows/MacWindowsWindows/MacWindows/Mac
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)指定なし指定なし指定なし
推奨CPU3 GHz 以上のプロセッサ3 GHz 以上のプロセッサより最新且つ高速なCPUより最新且つ高速なCPUより最新且つ高速なCPU
推奨メモリ容量16GB 以上16GB 以上16GB 以上16GB 以上16GB 以上
販売会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社キャノンITソリューションズ株式会社コーレル株式会社エーアンドエー株式会社

おすすめの2DCAD・汎用CADソフト 5選

AutoCAD(旧AutoCAD LT)

1位

AUTODESK

AutoCAD(旧AutoCAD LT)

おすすめ度:

CADソフトシェアNo.1! 2D・3Dにも対応した万能CADソフト

AutoCADはオートデスク株式会社が提供する2D・3D対応の汎用CADで、世界で最も利用されているCADソフトのひとつです。建築・土木から機械、製造業まで様々な分野で使われていることが大きな特徴です。また、AutoCAD LTからのモデルチェンジにより同じ価格で3D機能やデータ書き出しなどの機能が使えるようになったのも嬉しいポイントです。

 おすすめのポイント
  • CADソフト市場におけるシェアNo.1
  • 建築・土木から機械、自動車などの製造業まで様々な分野で利用されている
  • 2D、3Dそれぞれに対応した万能CADソフト
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
  • WebやYoutube上にチュートリアルなど参考になる情報が無数にある
  • コストパフォーマンスが優秀
  • 簡単な操作で測量計算も可能(>>AutoCADで測量計算をする方法
AutoCAD(旧AutoCAD LT)
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥8,800(税込)
価格(年額)¥71,500(税込)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
機能一覧2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
対応OSWindows/Mac
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨CPU3 GHz 以上のプロセッサ
推奨メモリ容量16GB 以上

>>AUTODESK公式サイトはこちら

 

AutoCAD plus(旧AutoCAD)

2位

AUTODESK

AutoCAD plus(旧AutoCAD)

おすすめ度:

シェアNo.1CAD AutoCADの上位版! 各業界に特化したCADツールセットが優秀

AutoCAD plusはオートデスク株式会社が提供するAutoCADの上位版CADソフトです。建築・機械・地図・設備・電気・プラント・ラスター画像処理のCADツールセットが付属し、AutoCADを各業界により特化させて使用することができます。特に、ラスター画像の編集機能やクリーンアップといった他のソフトが必要な機能をCADソフトひとつで完結できる点がAutoCAD plusの大きな魅力です。

 おすすめのポイント
  • CADソフト市場におけるシェアNo.1
  • 建築・土木から機械、自動車などの製造業まで様々な分野で利用されている
  • 業種別ツールセットで各業界により特化できる
  • ラスター画像の編集が可能
  • 2D、3Dそれぞれに対応した万能CADソフト
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
  • WebやYoutube上にチュートリアルなど参考になる情報が無数にある
  • 簡単な操作で測量計算も可能(>>AutoCADで測量計算をする方法
AutoCAD Plus(旧AutoCAD)
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥28,600(税込)
価格(年額)¥231,000(税込)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
機能一覧2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
各業種別のツールセット
対応OSWindows/Mac
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨CPU3 GHz 以上のプロセッサ
推奨メモリ容量16GB 以上

>>AUTODESK公式サイトはこちら

 

TurboCAD DESIGNER版

3位

キャノンITソリューションズ株式会社

TurboCAD DESIGNER版

おすすめ度:

コスパ最強! AutoCAD互換の汎用2DCAD

TurboCAD DESIGNER版は、キャノンITソリューションズ株式会社が販売する2D汎用CADです。AutoCADなどの他のCADとの互換性が特徴で、低いコストでAutoCAD環境を構築することができます。また、サブスクリプション契約ではなく買い切りでソフトが手に入るという点もTurboCADの特徴のひとつです。

 おすすめのポイント
  • 建築・土木から機械、自動車などの製造業まで様々な分野で利用されている
  • DESIGNER版は2D汎用CADソフト
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
  • コストパフォーマンスが優秀
  • AMAZON利用でより安価にソフトの購入が可能
  • AutoCAD互換機能で.dwgファイルの作成・編集・保存が可能
TurboCAD DESIGNER版
販売会社キャノンITソリューションズ株式会社
価格(月々)-
価格(年間)買い切り
¥19,800(税込)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
機能一覧2DCAD機能
多彩な種類のファイル入出力機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
対応OSWindows
推奨グラフィックカード指定なし
推奨CPUより最新且つ高速なCPU
推奨メモリ容量16GB 以上

>>AMAZONでTurboCADの販売価格を確認する

 

Corel CAD

4位

コーレル株式会社

Corel CAD

おすすめ度:

お手頃価格で2Dから3DCADまでに対応したCADソフト

Corel CADとは、コーレル株式会社が販売しているCADソフトで、お手頃価格で2D製図から3Dモデリングまでに対応していることが特徴のCADソフトです。また、AutoCADのシームレスな互換性も特徴で、クライアントとの関係からAutoCAD環境が必要だけどなかなかAutoCADのような高価なCADソフトに手を出せないという方からも人気を集めています。

 おすすめのポイント
  • 建築・土木から機械、自動車などの製造業まで様々な分野で利用されている
  • 2D・3D対応のCADソフト
  • モデリング・レンダリング機能も使える
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
  • コストパフォーマンスが優秀
  • AMAZON利用でより安価にソフトの購入が可能
  • AutoCAD互換機能で.dwgファイルの作成・編集・保存が可能
Corel CAD
販売会社コーレル株式会社
価格(月々)-
価格(年間)買い切り
¥75,900(税込)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
機能一覧2DCAD機能
3Dモデリング機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
推奨グラフィックカード指定なし
推奨CPUより最新且つ高速なCPU
推奨メモリ容量16GB 以上

>>AMAZONでCorel CADの販売価格を確認する

 

VectorWorks

5位

エーアンドエー株式会社

VectorWorks

おすすめ度:

デザイン系で根強い人気の2D・3D対応CAD

VectorWorksはエーアンドエー株式会社が販売している2D・3DCADソフトで特にデザイン分野において利用者が多いことが特徴です。もともとMac向けに開発されたということもあり、デザイン分野においてアドバンテージのあるCADソフトだといえます。

 おすすめのポイント
  • インテリアデザインやプロダクトデザインなどの分野で利用者が多い
  • 2D・3DからBIMまで対応できるCADソフト
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
  • 画像編集機能なども優秀
VectorWorks
販売会社エーアンドエー株式会社
価格(月々)-
価格(年間)買い切り
¥457,600 円(税込)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
機械・製造業
機能一覧2DCAD機能
3Dモデリング機能
BIM機能
インテリアデザイン
エンタテイメントデザイン
図面の作成
対応OSWindows/Mac
推奨グラフィックカード指定なし
推奨CPUより最新且つ高速なCPU
推奨メモリ容量16GB以上

>>AMAZONでVectorWorksの販売価格を確認する

 

この記事で紹介する3DCADソフトの比較一覧

この記事で紹介している3DCADソフトの比較一覧です。それぞれのCADソフトのより詳しい情報については、ランキングの中で紹介しています。

FUSION360AutoCAD Plus(旧AutoCAD)InventorREVITCivil 3D
画像
公式サイト
おすすめ度
価格(月々)¥7,700(税込)¥28,600(税込)¥46,200(税込)¥53,900(税込)¥50,600(税込)
価格(年額)¥61,600(税込)¥231,000(税込)¥367,400(税込)¥427,900(税込)¥408,100(税込)
利用されている業界製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
建築・建設業界
製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
建築・建設業界
土木業界
土木業界(インフラ・道路・鉄道・用地)
機能一覧3DCAD機能
3Dモデリング
レンダリング
CAM機能
CAE機能
PCB機能
3Dプリンタ出力
2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
各業種別のツールセット
3DCAD機能
3Dモデリング
アセンブリモデリング
図面の作成
BIM変換機能
CAE機能
PCB機能
シミュレーション機能
3DCAD機能
鉄筋の詳細設計
構造用鋼材のモデリング
ダクト・配管系統モデリング
電気系統モデリング
施工モデリング
図面の作成
シミュレーション機能
3DCAD機能
BIM機能
3Dモデリング
サーフェスモデリング
橋梁設計
雨水管理
測量機能
土量計算
平面図の作成
シミュレーション機能
対応OSWindows/MacWindows/MacWindowsWindowsWindows
推奨グラフィックカードDirectX11 (Direct3D 10.1 以上)
VRAM 1 GB 以上の専用 GPU
RAM 6 GB 以上の内蔵グラフィックス
帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)Shader Model 5 搭載の DirectX 11 対応グラフィックス カードおよび 4 GB以上のビデオ メモリ帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨CPUx86 ベースの 64 ビット プロセッサ(Intel Core i、AMD Ryzen シリーズなど)、4 コア、1.7 GHz 以上3 GHz 以上のプロセッサ3.0 GHz 以上、4 コア以上Intel® i-Series、Xeon®、AMD® Ryzen、Ryzen Threadripper PRO。2.5 GHz 以上 3 GHz 以上のプロセッサ
推奨メモリ容量4GB 以上16GB以上32GB 以上32GB 以上16GB 以上
販売会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社AUTODESK株式会社

おすすめの3DCAD・BIMソフト 5選

FUSION360

1位

コストパフォーマンスに優れた定番3DCADソフト

FUSION 360は、AUTODESK(オートデスク)株式会社が販売している3DCADソフトのひとつです。その特徴は、コストパフォーマンスに優れた3DCADソフトであるにもかかわらず、3Dモデリングからレンダリング、3Dプリンター用のデータ出力、CAM機能などの様々な機能をひとつの開発プラットフォームでカバーできる点です。

 おすすめのポイント
  • 機械・自動車・スポーツギアなどあらゆる製品設計において利用者が多い
  • デザイン系副業や趣味での個人利用も多い
  • 利用者数が多い定番3DCADソフト
  • パラメトリックモデリング、フリーフォームモデリング、ダイレクトモデリング、サーフェスモデリングなど様々なモデリング手法に対応
  • ひとつのソフトで3Dモデリングからレンダリング、3Dプリンター出力まで可能
  • WebやYoutube上にチュートリアルなど参考になる情報が無数にある
  • コストパフォーマンスが優秀
FUSION360
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥7,700(税込)
価格(年額)¥61,600(税込)
利用されている業界製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
機能一覧3DCAD機能
3Dモデリング
レンダリング
CAM機能
CAE機能
PCB機能
3Dプリンタ出力
対応OSWindows/Mac
推奨グラフィックカードDirectX11 (Direct3D 10.1 以上)
VRAM 1 GB 以上の専用 GPU
RAM 6 GB 以上の内蔵グラフィックス
推奨CPUx86 ベースの 64 ビット プロセッサ(Intel Core i、AMD Ryzen シリーズなど)、4 コア、1.7 GHz 以上
推奨メモリ容量4GB 以上

>>AUTODESK公式サイトはこちら

 

AutoCAD plus(旧AutoCAD)

2位

AUTODESK

AutoCAD plus(旧AutoCAD)

おすすめ度:

シェアNo.1CAD AutoCADの上位版! 各業界に特化したCADツールセットが優秀

AutoCAD plusはオートデスク株式会社が提供するAutoCADの上位版CADソフトです。建築・機械・地図・設備・電気・プラント・ラスター画像処理のCADツールセットが付属し、AutoCADを各業界により特化させて使用することができます。特に、ラスター画像の編集機能やクリーンアップといった他のソフトが必要な機能をCADソフトひとつで完結できる点がAutoCAD plusの大きな魅力です。

 おすすめのポイント
  • CADソフト市場におけるシェアNo.1
  • 建築・土木から機械、自動車などの製造業まで様々な分野で利用されている
  • 業種別ツールセットで各業界により特化できる
  • ラスター画像の編集が可能
  • 2D、3Dそれぞれに対応した万能CADソフト
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
  • WebやYoutube上にチュートリアルなど参考になる情報が無数にある
  • 簡単な操作で測量計算も可能(>>AutoCADで測量計算をする方法
AutoCAD Plus(旧AutoCAD)
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥28,600(税込)
価格(年額)¥231,000(税込)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
製造業(機械・電気・設備)
機能一覧2DCAD機能
3DCAD機能
3Dモデリング機能
図面の作成
地理的位置情報
各業種別のツールセット
対応OSWindows/Mac
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨CPU3 GHz 以上のプロセッサ
推奨メモリ容量16GB 以上

>>AUTODESK公式サイトはこちら

 

INVENTOR

3位

製品設計分野で広いシェアを誇る3DCAD・BIMソフト

Inventorは、AUTODESK(オートデスク)株式会社が販売している3DCADソフトウェアで、3D設計、ドキュメント作成、シミュレーション用のツールが搭載されています。設計段階において、部品やユニットごとにファイルを作成できたり、モデリングの工程を履歴として残すことができたりする点がInventorの大きな強みです

 おすすめのポイント
  • 機械・電気・設備といった製品設計分野広いシェア
  • BIM機能を備えた本格3DCADソフト
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
  • 部品・ユニットごとのファイル作成が可能でモデルの修正に強い
Inventor
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥46,200(税込)
価格(年額)¥367,400(税込)
利用されている業界建築・建設業界
製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
機能一覧3DCAD機能
3Dモデリング
アセンブリモデリング
図面の作成
BIM変換機能
CAE機能
PCB機能
シミュレーション機能
対応OSWindows
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)
推奨CPU3.0 GHz 以上、4 コア以上
推奨メモリ容量32GB 以上

>>AUTODESK公式サイトはこちら

 

REVIT

4位

大型建造物の設計・管理に強い3DCAD・BIMソフト

REVITは、AUTODESK株式会社が販売しているBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)ソフトです。BIM機能を使えば、プロトタイプの施策工程をなしにシミュレーションができたり、CADプラットフォームの中で予算管理や工程管理ができるといったメリットがあります

 おすすめのポイント
  • 大型商業施設やビル開発など建築・土木業界から広いシェア
  • BIM機能を備えた本格3DCADソフト
  • 設計段階でのシミュレーションが可能
  • 予算管理・工程管理が可能
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
Inventor
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥46,200(税込)
価格(年額)¥367,400(税込)
利用されている業界建築・建設業界
製造業(機械・電気・設備)
インダストリアルデザイン(プロダクトデザイン)
機能一覧3DCAD機能
3Dモデリング
アセンブリモデリング
図面の作成
BIM変換機能
CAE機能
PCB機能
シミュレーション機能
対応OSWindows
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 11 対応)
推奨CPU3.0 GHz 以上、4 コア以上
推奨メモリ容量32GB 以上

>>AUTODESK公式サイトはこちら

 

CIVIL3D

5位

鉄道・道路など土木インフラ分野に定評のある3DCAD・BIMソフト

CIVIL 3Dは、AUTODESK株式会社が販売している土木インフラ設計ソフトウェアで、BIM(ビルディングインフォメーションモデリング)に対応していることが特徴です。ひとつの3Dモデルを作成することで、横断図や縦断図といった様々な図面を切り出せることが特徴で、また、BIM機能により予算や工程の管理を行えることも特徴です。

 おすすめのポイント
  • 道路や鉄道、用地といった土木インフラ分野から広いシェア
  • BIM機能を備えた本格3DCADソフト
  • 予算管理・工程管理が可能
  • 設計段階でのシミュレーションが可能
  • 手間のかかる整地計算の自動化
  • CAD上で測量計算が可能
  • 操作性に優れ直感的な操作で作図ができる
Civil 3D
販売会社AUTODESK株式会社
価格(月々)¥50,600(税込)
価格(年額)¥408,100(税込)
利用されている業界土木業界(インフラ・道路・鉄道・用地)
機能一覧3DCAD機能
BIM機能
3Dモデリング
サーフェスモデリング
橋梁設計
雨水管理
測量機能
土量計算
平面図の作成
シミュレーション機能
対応OSWindows
推奨グラフィックカード帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
推奨CPU 3 GHz 以上のプロセッサ
推奨メモリ容量16GB 以上

>>AUTODESK公式サイトはこちら

 

タイプ別のおすすめCADソフト(業界・目的による分類)

以下では、業界や目的別にそれぞれのタイプにあったおすすめのCADソフトを紹介しています。

建築分野におすすめのCADソフト

建築分野においておすすめのCADソフトはAutoCADAutoCAD plusREVITの3つです。費用を抑えた上で操作性に優れたハイスペックなCADを使いたいう方にはAutoCAD専用のツールセットを用いて建築物の設計をより効率的に行いという方にはAutoCAD plus大型建設物などの3D設計、工程管理、予算管理をひとつのCADプラットフォーム上で一元管理したいという方にはREVIT、というように利用者のニーズに合わせて選択することがおすすめです。

公式サイト主な機能価格(月々)
価格(年間)
AutoCAD

公式サイト2DCAD機能
3DCAD機能
図面の作成
¥8,800(税込)
¥71,500(税込)
AutoCAD plus
公式サイト2DCAD機能
3DCAD機能
図面の作成
各業種別のツールセット
¥28,600(税込)
¥231,000(税込)
REVIT
公式サイト3DCAD機能
BIM機能
鉄筋の詳細設計
構造用鋼材のモデリング
ダクト・配管系統モデリング
シミュレーション機能
図面の作成
¥53,900(税込)
¥427,900(税込)

土木分野におすすめのCADソフト

土木分野においておすすめのCADソフトは、AutoCADCIVIL3Dの2つです。一般土木などの工事であればAutoCAD鉄道や高速道路といった大規模な土木インフラ工事であればCIVIL3Dというように用途に応じてソフトを選ぶことがおすすめです。

公式サイト主な機能価格(月々)
価格(年間)
AutoCAD

公式サイト2DCAD機能
3DCAD機能
図面の作成
¥8,800(税込)
¥71,500(税込)
Civil 3D
公式サイト3DCAD機能
BIM機能
サーフェスモデリング
橋梁設計・雨水管理
測量機能・土量計算
シミュレーション機能
図面の作成
¥50,600(税込)
¥408,100(税込)

機械・設備・電気などの設計分野(インダストリアルデザイン)におすすめのCADソフト

インダストリアルデザインとは、機械設計や設備設計といった工業製品の設計を指す言葉です。そのインダストリアルデザインには、AutoCAD plusInventorといった3D対応の高スペックCADソフトがおすすめです。

公式サイト主な機能価格(月々)
価格(年間)
AutoCAD plus
公式サイト2DCAD機能
3DCAD機能
図面の作成
各業種別のツールセット
¥28,600(税込)
¥231,000(税込)
Inventor
公式サイト3DCAD機能
BIM機能
アセンブリモデリング
CAE・PCB機能機能
シミュレーション機能
図面の作成
¥46,200(税込)
¥367,400(税込)

自動車や家具、スポーツギアなどのプロダクトデザインにおすすめのCADソフト

自動車や家具、日用品といったプロダクトデザイン分野では、現在幅広く利用されているFUSION360がおすすめです。FUSION360は、安価な価格設定でありながら3Dモデリングからレンダリング、3Dプリンタ出力まで製品設計に必要なすべての作業が可能で、フリーランスの個人デザイナーからメーカーなどの大企業まで広く普及しています

公式サイト主な機能価格(月々)
価格(年間)
FUSION360
公式サイト3DCAD機能
3Dモデリング
レンダリング
CAM・CAE・PCB機能
3Dプリンタ出力
¥7,700(税込)
¥61,600(税込)

CADソフトを低価格で利用したいなら

低価格で汎用性のあるCADソフトを探しているのであればAutoCADがおすすめです。現在販売されているAutoCADは、AutoCAD LTからのモデルチェンジのため価格がLTから据え置きです。にもかかわらず、LTでは制限されていた3D機能やデータ書き出し機能などが使えるようになってより汎用性が増しました

公式サイト主な機能価格(月々)
価格(年間)
AutoCAD

公式サイト2DCAD機能
3DCAD機能
図面の作成
¥8,800(税込)
¥71,500(税込)

AutoCAD互換の低価格CADソフトなら

AutoCAD互換とは、AutoCAD形式(.dwg)のファイルを作成、編集、保存できる機能のことです。実際にCAD関係の仕事を行っていると、クライアントとの関係上AutoCAD形式のファイルを編集することが必要になるケースがかなり多いです。しかし、サブスクリプション契約に抵抗があるなどの理由で買い切りで買えるCADソフトを導入したいということも多いと思います。そのような場合、以下の2つのCADがコストパフォーマンスに優れておりおすすめです。また、AMAZONなどを利用することで定価よりかなり安く購入できるのでぜひ探してみてください

公式サイト主な機能定価
(買い切り)
TurboCAD DESIGNER版
AMAZON2DCAD機能
多彩な種類のファイル入出力機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
¥19,800(税込)
Corel CAD
AMAZON2DCAD機能
3Dモデリング機能
AutoCAD互換機能
図面の作成
¥75,900 (税込)

>>2DCADランキングに戻る

>>3DCADランキングに戻る

+α おすすめの無料CADソフト2選

以下では、目的や用途によっては十分に使えるおすすめの無料CADソフトを2つ紹介しています。

Jw_cad

建築・土木

jw_software_club

Jw_cad

おすすめ度:

建築・土木向け無料2次元汎用CADでシェアNo.1!

Jw_cadは、jw_software_club(清水治郎、田中善文、岡野輔仁)によって開発された無料CADの最も有名なソフトウェアです。2次元CADではありますが、今でも建築や土木の世界においてはかなりの利用者数を誇っています。また、Jw_cadについては、その使い方についても様々な講座や書籍があるので、これから初めてCADを勉強するという方にとっては学習しやすい環境が整っています

 おすすめのポイント
  • 建築・土木の分野で利用されている
  • 無料の2D汎用CADソフト
  • WEBやYOUTBUE上に参考となる情報多数
  • 低価格な講座も多数(>>おすすめ講座)
Jw_cad
販売会社jw_software_club
価格無料
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
機能一覧2DCAD機能
図面の作成
推奨グラフィックカードCPU内臓のインテルHD グラフィックス以上
推奨CPU Core i5 以上
推奨メモリ容量4GB 以上

>>公式サイトで詳細を確認する

 

HO_CAD pao

測量

H_O’sThinkTank

HO_CAD pao

おすすめ度:

測量計算に優れた2次元無料汎用CADソフト

HO_CAD paoとは、Jw_cad同様に無料の2次元汎用CADです。HO_CAD paoの特徴としては、優れた測量計算の機能が挙げられます。なかでもすごいのが、マウスのクリックだけでほとんどの基準点測量を行うことができます。土木や建築の位置だし等でCADを使いたい場合は非常に効率的に作業が進められるのでおすすめです。
HO_CAD paoを使う場合の問題は、勉強するための情報の不足です。インターネット上などでも情報が少ないのが苦労しそうなポイントです。

 おすすめのポイント
  • 建築・土木の分野で利用されている
  • 無料の2D汎用CADソフト
  • 測量計算機能が優秀
HO_CAD pao
販売会社H_O’sThinkTank
価格無料
制限解除版:¥11,000(税込み)
利用されている業界建築・建設業界
土木業界
機能一覧2DCAD機能
測量計算機能
図面の作成
推奨グラフィックカードCPU内臓のインテルHD グラフィックス以上
推奨CPU Core i5 以上
推奨メモリ容量4GB 以上

>>公式サイトで詳細を確認する

 

 CADを快適に動作させるために必要なPC環境

PCでCADを動作させる場合、一般的に高性能なパソコンが必要になります。ここでいう高性能とは、演算処理を担うCPU画像処理を行うグラフィックボードの性能、PCのメモリの容量の3点を指しています。

高性能の3つのポイント
  • グラフィックボード(GPU)
  • CPU
  • メインメモリ容量

2DCADなのか3DCADなのかによっても求められる性能は異なりますが、どちらにしろ上記の3つの点についてある程度の性能が求められることになります。

具体的な説明については以下の記事で紹介しているので詳しく知りたいという方はそちらの記事を参考にしてください。

CADスキルを習得するためには?

目的に応じたCADソフトの導入が完了したら、次は各CADソフトの操作方法を習得する必要があります。

CADスキルの習得には、自分で調べながら勉強していく独学と講座を受講する方法の2つの方法がありますが、体系的に知識を身につけるためには講座の受講がおすすめです

CAD学習において講座受講がおすすめの理由
独学で勉強する上で最も重要なものは、情報(ここではCADの操作方法に関する正確な情報)です。しかし、CADソフトは種類も多く専門的でもあるため、WEBやYOUTBUE、参考書などを探してもその情報の数は非常に少ないのが現状です。そのため、CADスキルを体系的に習得するのであれば、講座の受講がおすすめになります。

CAD学習のためのおすすめの講座については以下の記事で詳しく説明していますのでそちらを参考にしてください。

CADソフトの購入費用を安く抑えるには?

CADソフトの購入費用を安く抑えるには、以下の2つの方法があります。

長期契約を利用する

CADソフトの購入費用を安く抑えるためのひとつめの方法は、長期契約を利用することです。例えば、AutoCADでは長期契約を利用すると最大で月3,400程度安く利用することができます。これは、割引率でいうと約40%程度の割引率となるので、購入するときはぜひ長期割引を利用したいところですね。

AMAZONなどの通販サイトを利用する

現在販売されているCADソフトの多くはサブスクリプション契約のものが多いですが、中には一括決済で購入できるものもあります(例えば、TurboCADやCorel CAD)。そのような買い切りタイプのCADであればAMAZONなどを利用することで割安で購入することが可能です。

まとめ

この記事ではおすすめの2DCADと3DCADについて比較からランキングまでを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

また、選びやすいように業界や目的別のおすすめのCAD紹介も行っています。もしこれからCADを始めようと考えているのであれば、どのような業界・分野でどのような仕事をしたいのかという点をしっかりイメージした上でCADソフトを選ぶようにしてください。

>>2DCADランキングに戻る

>>3DCADランキングに戻る

この記事についてのQ&A

汎用CADとは?
汎用CADとは、様々な分野の設計に対応したCADのことで、建築や土木、機械、設備など多くの分野で使われているCADのことです。
BIMとは
Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略で、コンピューター上に作成した3Dモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で情報活用を行うためのソリューションのことです。
CAEって何ですか
製品開発の初期段階から、コンピュータを用いた仮想試作・仮想試験を十分に行い、できるだけ少ない試作回数で、高品質な製品開発を行うためのコンピュータを活用した設計技術のことです。
PCBって何ですか
プリント基板設計のことで、電子機器の回路を物理的なフォームで形にするためのものです。
3Dモデリングとはなんですか?
3Dモデリングとは、3Dモデルと呼ばれる3 次元のオブジェクトまたは形状の数学的表現をソフトウェアを使って作成するプロセスのことです。
3Dレンダリングとは?
3Dレンダリングとは、3Dモデルの表面の質感や模様、光源、影の反射などを計算して、よりリアルなモデルを作り上げるプロセスのことです。
AutoCAD LTはもう手に入らないのですか?
これまでAutoCAD LTとして販売されていたモデルが同じ価格のまま3D機能などが追加されてAutoCADとして販売されることになりました。また、これまでAutoCADとして販売されていた上位モデルがAutoCAD Plusというモデル名で販売されています。
AUTODESK製品は一括で購入することはできないのですか?
できません。サブスクリプション契約になるため継続的にこすとがかかります。
AUTODESK製品は購入後すぐに使うことはできますか?
はい。契約完了後インストールしたAutoCADにライセンスキーを入力することですぐに使い始めることができます。

 

この記事の監修協力
@ぽち
元大手不動産デベロッパー会社の開発部門勤務。大規模商業施設の設計から施工段階まで携わり、3DCADソフトからBIMソフトまで運用経験あり。現在は建設コンサルタント会社勤務で、中小建設業に対してCAD・BIMの導入支援やCADの講師としてCADの使い方を教えるなどをしている。