2次元(3次元)CAD利用技術者試験とは?|資格取得におすすめの本・講座 徹底解説
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • CAD利用技術者試験とは?
  • 資格取得におすすめの本は?
  • 資格取得におすすめの講座は?

この記事では、上記のような疑問に応える形で、CAD利用技術者試験の概要と勉強方法について解説しています。

認定講座

ヒューマンアカデミーAutoCADコース2

AutoCADをしっかり学びたいなら・・・

ヒューマンアカデミー CAD講座

  • AUTODESK社認定スクール
  • 希望に合わせて選べる複数の受講スタイル
  • 業界スタンダード資格取得可能

CAD利用技術者試験とは?

CAD利用技術者試験には、2次元CAD利用技術者試験と3次元CAD利用技術者試験の2種類の試験があり、それぞれ2次元CAD利用技術者試験は「基礎」、「2級」、「1級」に、3次元CAD利用技術者試験は2級」、「準1級」、「1級」に段階分けされています。

一般社団法人コンピュータ教育振興協会が運営する民間CAD資格で、CAD資格の中で最も知名度の高い資格です。なかでも1級を所持していれば、企業に対して一定レベル以上のCAD技能の証明になり、就職に有利に働きます。

試験内容は、汎用CADに対しての基本的な知識から製図能力、トレース能力、各専門分野での知識などCADオペレーターとして必要とされる知識や能力を問われます。

CAD初心者から実際に現場で働くCADオペレーターまでが挑戦できる資格なのでCAD技能を高めたい人や対外的にCAD技能を証明したい人におすすめできる資格です

2次元CAD利用技術者試験
概要1級(機械・建築・トレース)/2級/基礎
認定団体一般社団法人コンピュータ教育振興協会
難易度1級:
2級:
※資格の王道に掲載の難易度を参照
合格率基礎:65.7%
2級 :49.2%
1級 :34.6%(機械)
受験資格2級、基礎:制限なし
1級:過去の1級有資格者2級有資格者
受験料(税込)1級 16,500円
2級 6,050円
基礎 4,400円
試験日時毎年11月初旬頃
試験内容基礎、2級
CADの基礎知識と基本機能に関する筆記試験
1級
各分野における専門知識を問う筆記試験と実技試験
就職は設計事務所、土木・建設業、自動車メーカー、機械メーカー、インテリアメーカーなど
3次元CAD利用技術者試験
概要1級(機械・建築・トレース)/準1級/2級
認定団体一般社団法人コンピュータ教育振興協会
難易度1級 :
準1級:
2級 :
※資格の王道に掲載の難易度を参照
合格率2級  :73.7%
準1級 :60.1%
1級  :27.2%
受験資格2級:制限なし
準1級、1級:2級有資格者
受験料(税込)1級 16,500円
2級 11,000円
基礎 7,700円
試験日時毎年11月初旬頃
試験内容2級
CADの基礎知識と基本機能に関する筆記試験
1級、準1級
CADリテラシー、形状認識能力、モデリング能力を問う筆記試験と実技試験
就職は?設計事務所、土木・建設業、自動車メーカー、機械メーカー、インテリアメーカーなど

試験内容の詳細(1級)

2次元CAD利用技術者試験 1級(建築)

実技試験 合計80分

■RC図
 平面図、断面図、立面図、矩形図、部分図、展開図

■木造
 平面図、断面図、立面図、部分図、展開図

筆記試験 合計80分

■建築製図の基礎知識
 建築業務の基本知識、建築製図、建築の主な構造、建築の主な材料と部材、モデュール、建築法規、建築業務と建築図面の役割

■建築生産の電子情報
 情報の伝達と共有、建築CALS/EC/、3次元CAD、コンピュータによるシミュレーション

3次元CAD利用技術者試験 1級

実技試験 120分

■CADリテラシー、形状認識能力
・文章による手順の指示に従い、パーツモデルを作成する問題。第三者との口頭によるやり取りや手書き図面情報の伝達をイメージし、的確にコマンドを使用できるかを問う。
・2次元図面からパーツモデルを作成する問題。2次元図面から3次元空間上の形状認識が正確にできるかを問う。

■アセンブリモデリング能力
・パーツモデルを作成し、それらを組み立ててアセンブリモデルを作成する問題。パーツモデルを正しく組み立てることができるかを問う。

■2次元図面からのパーツモデリング能力
・2次元図面からパーツモデルを作成する問題。実務の基本的な能力を総合的に問う。

筆記試験 60分

■3次元CADの概念
 3次元CADとは、3次元CADの活用、3次元CADの歴史、3次元モデルのデータ構造、3次元モデルの構成、表示技術

■3次元CADの機能と実用的モデリング手法
 3次元CADによる設計、モデリング機能、実用化の事例、複合化したコマンド、検査・計測・解析の方法、モデリング手法、アセンブリモデリング、実用上の注意点

■3次元CADデータの管理と周辺知識
 プロジェクト管理、PDM、コンピュータシステムの構成、CADとネットワーク知識、情報セキュリティ

■3次元CADデータの活用
 CAE、CAM、CAT、CG、3Dプリンター、DMU、コラボレーション、3次元CADデータの応用例

CAD利用技術者試験の学習におすすめの本

2次元CAD利用技術者試験には、以下の本がおすすめです。

テキストから問題集までがセットになっているので1冊で試験対策を行うことができます。


3次元CAD利用技術者試験には、以下の本がおすすめです。

2級、準1級、1級まですべての段階に対応しているため体系的に試験対策を行うことができます。


さらに、実践的なCADのスキルを身につけるためには、以下のような各専門分野でのCADの本がおすすめです。


CAD利用技術者試験の取得におすすめの講座

また、CAD利用技術者試験を勉強することに加えて、本格的にCADオペレーターとしてのスキルアップを図ろうと考えている方にはしっかりした講座の受講がおすすめです。

以下のヒューマンアカデミーの講座では、体系的にCADオペレーターとしてのスキルを身につけられることに加えて、CAD利用技術者試験を取得することができます。

認定講座
ヒューマンアカデミーAutoCADコース2

ヒューマンアカデミー株式会社

ヒューマンアカデミー CAD講座

¥7,000/月~¥8,800/月

選べる学習スタイルと96.2%という高い就職内定率が特徴の人気CAD講座

ヒューマン・アカデミーのCAD講座の大きな特徴のひとつが、受講者の都合に合わせて複数の学習スタイルが用意されているという点です。

 ヒューマンアカデミーの選べる学習スタイル
  • 通信(オンライン)スタイル
  • 通学スタイル
  • ブレンドスタイル

上記のように、インターネット環境さえあればどこでも受講できる通信(オンラインスタイル)や、通学を通してしっかり学ぶ通学スタイル、それぞれのいいとこどりをしたブレンドスタイルというように、ヒューマン・アカデミーには受講者の都合に合わせた様々な学習スタイルが用意されています。

また、ヒューマンアカデミーでは、業界でスタンダードとなっている「2次元CAD利用技術者試験」を取得することができるのも特徴のひとつです。「2次元CAD利用技術者試験」は、所持していることで一定以上のCADスキルを保有していることを証明してくれるCAD業界においてはスタンダードとなっている資格です

加えて、ヒューマンアカデミーが支持されている大きな理由のひとつが96.2%という高い就職内定率です。CADスキルの習得はもちろんですが、実際にCADを使用する仕事に就くまでをサポートしてくれる充実したキャリアサポートもヒューマンアカデミーの特徴です。

>>無料の資料請求はこちら

ヒューマンアカデミーCAD講座
コース概要CADオペレーター養成講座
AutoCADベーシックコース
建築CAD総合エキスパートコース
建築CAD総合コース
機械CAD2D・3Dコース
建築製図コース
Jw-CAD基礎講座
etc
受講費用月々3,000円~(税込)
CADソフトの種類AutoCAD
Inventor
Revit
Jw_cad
学習スタイル通学制
通信制
ブレンドスタイル
就職サポートあり
教育訓練給付金あり
校舎一覧札幌校、仙台校、宇都宮校、新潟校、大宮校、新宿校、銀座校、柏校、立川校、千葉校、横浜校、静岡校、浜松校、名古屋校、京都校、奈良西大寺校、大阪梅田校、天王寺校、三宮校、大阪心斎橋港、和歌山校、岡山校、高松校、広島校、福岡校、北九州小倉校、熊本校、鹿児島校、那覇校

ヒューマンアカデミーのCAD講座が選ばれる理由

※各項目をクリックすると開きます。

圧倒的なCAD試験合格実績  (※クリックすると開きます)

CAD利用技術者試験で圧倒的な合格実績があります。

じっくり話せる、学べる専用サポート  (※クリックすると開きます)

受講者ひとりひとりに入学前から終了後まで専用のサポートがつきます。

質の高い授業内容と就職サポート  (※クリックすると開きます)

AutoCADを販売しているオートデスクの認定スクールです。

選べる受講スタイル  (※クリックすると開きます)

通信制、通学制、ブレンドスタイルと選べる受講スタイルが特徴です。

 

>>無料の資料請求はこちら

 

他にも、以下の記事でおすすめのCAD講座を紹介しています。ぜひ参考ににしてください。

まとめ

この記事では、CAD利用技術者試験についてその概要から勉強方法までを紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

CADオペレーターの資格には、ここで紹介したCAD利用技術者試験以外にも有用な資格がいくつかあります。以下の記事では、CADオペレーターとしておすすめの資格を紹介しているのでそちらも参考にしてください。

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。