DreamweaverCCでphpのローカル開発環境を構築する方法|XAMPP
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • phpのプログラミングを始めたけど、phpの動作を確認することができない・・・
  • Dreameweaverでphpの動作を確認しながらphp開発を行いたい・・・

実際にDreamweaverを使ってphpプログラミングを行ってもらえば分かるのですが、デフォルトの状態では、いくらphpのコーディングをしたからといってそのコーディング結果がブラウザでどのように表示されるのか確認することができません。

その理由は、phpというプログラミング言語の特性と関係があります。そもそもphp言語というのは、サーバー上で動かすことを想定した言語であり、サーバー環境がないと動作しないという特徴を持っています。つまり、開発目的でインターネット上で公開する予定がなくても、疑似的なサーバー環境を作成する必要があるのです。

この記事では、XAMPP(ザンプ)というソフトを使って、自分のパソコン内に疑似的なテストサーバーを構築して、そのテストサーバーとDreamweaverCCを連携する方法を紹介していきます。

XAMPP(ザンプ)のインストールと設定方法

XAMPP(ザンプ)とは、php開発をするためのツールをまとめてインストールすることのできる無料ソフトのことで、XAMPP(ザンプ)を使えば、PC内に疑似(ローカル)サーバー環境を構築することができます。

XAMPP(ザンプ)のインストール方法

まず、XAMPP(ザンプ)のホームページでXAMPP(ザンプ)のインストールを行います。

>>XAMPP(ザンプ)

XAMPP(ザンプ)のインストール方法

インストールが完了したら、XAMPPのコントロールパネルを開きます。

CドライブにインストールされたXAMPPファイルに「XAMPP-controlpanel」があるので開きます。

初回起動時は言語環境の設定があるので選択します。

以下のような画面が開きます。

ApacheとMySQLを起動状態にしたいので、以下の赤枠の部分をクリックします。「Stop」という表示状態になればOKです。

以上でXAMPP(ザンプ)のインストールと設定は完了です。

Dreamweaverをテストサーバーに接続してローカル開発環境を構築する方法

まず、Dreamweaverを開き、「新規サイト」をクリックします。

サイト設定ダイアログが開くので、「サイト名」と「ローカルサイトフォルダー」を入力します。

サイト名:任意のサイト名を入力してください。

ローカルサイトフォルダー:C:xampp\htdocs\ を指定してください。

続いてサーバータブに切り替えて、「」をクリックします。

サーバー設定画面が開くので、サーバー名に任意のサーバー名を入力します。

使用する接続には、「ローカル/ネットワーク」を指定します。

サーバーフォルダーには、先ほどと同じように、「C:xampp\htdocs\」を入力します。

Web URLには、「http://localhost/」を入力します。

続いて、詳細設定タブに切り替え、テストサーバーのサーバーモデルに「PHP MySQL」を指定し保存をクリックします。

サイト設定ダイアログに戻るので、以下のようにテストの部分の「」をクリックします。

最後に保存をクリックしてサイト設定ダイアログを閉じればすべての設定は完了です。

Dreamweaverでローカル開発環境の動作確認

試しに、上記で指定したフォルダ内で以下のようなコードを記述したPHPファイルを作成します。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>無題ドキュメント</title>
</head>
<body>
	Hello
	<?php echo 'World!'; ?>
</body>
</html>

すると、PHPファイルの内容が無事表示されました。

まとめ

この記事では、XAMPPを使ってDreamweaverCCでphpのローカル開発環境を構築する方法について説明してみましたがいかがだったでしょうか?

慣れるまでは難しく感じますが、上記の手順とおり行えば、PHPでの開発環境を整えることができます。PHPでの開発環境に苦戦している方はぜひ試してみてください。

無料体験

techacademyWordPressコース

Wordpressをしっかり学びたいなら・・・

TechAcademy WordPressプログラミングコース

  • パーソナルメンターによる学習サポート
  • HTML/CSS/PHPが身につくカリキュラム
  • Wordpressテーマの作成スキルが身につく

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。