Xserver(エックスサーバー)徹底解説|利用者の評判・口コミ・料金・使い方
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • Xserver(エックスサーバー)とは?
  • Xserver(エックスサーバー)の利用料金は?
  • Xserver(エックスサーバー)の評判・口コミは?

この記事では、上記のような疑問に応える形で、Xserver(エックスサーバー)について、評判・口コミから料金、お得に利用する方法までを紹介していきます。

Xserver(エックスサーバー)とは?

Xserver(エックスサーバー)とは?

Xserverは、190万件以上のサイト運用実績のある国内シェアNo1のレンタルWebサーバーです。その特徴は、サイト運営者の様々なニーズに応える豊富な機能性と17年以上のサーバー運用実績に支えられたサイトの高速表示化技術です。

◆Xserver 機能一覧
プラン名X10プラン
初期費用(税込み)無料
月額料金(税込み)¥990/月(36ヶ月プラン)、¥1,045/月(24ヶ月プラン)、¥1,100/月(12ヶ月プラン)、¥1,210/月(6ヶ月プラン)、¥1,320/月(3ヶ月プラン)
サーバー容量300GB
約150,000記事の作成が可能です。
転送量900GB/日
1日あたり約45万アクセスまで対応可能です。
作れるWordpressサイト数無制限
1サイトあたりの容量無制限
バックアップ機能
過去14日分
サイト表示の高速化
NVMe(エヌブイエムイー)、Xアクセラレータ
Wordpress簡単インストール機能
WAF(ファイアウォール)機能
無料SSL化対応
有料SSL化対応
著名ブランドのサイトシールにも対応
サポート体制電話、メール

 Webサーバーとは?
WordPressで作成したブログやホームページのデータを保存して、インターネット利用者のリクエストに応じてページを表示するサーバーコンピューターのこと。インターネット上でWebサイトを公開するには、このWebサーバーにWebサイトのデータをアップロードする必要がある。

Xserver(エックスサーバー)が人気の理由

サーバーコンピューター処理速度の高速化技術

全ストレージにSSDの読み込み速度をはるかに上回る(最大14倍以上)高速インターフェース「NVMe(エヌブイエムイー)」を採用しています。

xsオールNVMe

CPUには、80以上のベンチマークテストで世界1位を記録している第2世代「AMD EPYC™」(コードネーム「Rome」)の48コアモデル採用しています。

xsAMDEPYC

PHPファイル処理速度の高速化技術

Xアクセラレータ(ver.2)により、PHPの大幅な高速・安定化を達成し、キャッシュなしで最大20倍(WordPressで最大10倍)もの高速化と負荷耐性向上を実現しています。

xsXアクセラレータ

独自SSL対応

SSL化については、無料のものと有料のものがそれぞれ用意されており、サイト運営者のニーズに合わせてSSL化プランを選択することができます。

xs独自SSL

自動バックアップ機能

全プラン標準機能の「自動バックアップ」機能により、Web・メールデータ、MySQLデータを1日1回自動でコピーし、保持するため、万一誤って削除してもデータを復旧することが可能です。

xsバックアップ

Webフォントが利用可能

「モリサワ」が提供する「TypeSquare」から33書体のWebフォントを利用可能です。Webフォントを利用することで誰でもかんたんに美しいWebサイトを製作することが可能になります。

xsWebフォント1

xsWebフォント2

xsWebフォント3

Xserever(エックスサーバー)のプランと料金の詳細

プランによる機能と料金の違い

Xserver(エックスサーバー)プランによる違い
プラン名X10プランX20プランX30プラン
ディスク容量300GB400GB500GB
転送量目安900GB/日1200GB/日1500GB/日
特典ドメイン.com|.net|.org
.info|.biz|.xyz
.link|click|.blog
.jp
.com|.net|.org
.info|.biz|.xyz
.link|click|.blog
.jp.co.jp.or.jp
.ne.jp.gr.jp
.com|.net|.org
.info|.biz|.xyz
.link|click|.blog

Xserver(エックスサーバー)は、X10X20X30の3つのタイプのプランがありますが、機能面での違いはありません。

違いがあるのは、上記の表にも記載しているように、データ容量や転送量に違いがあるだけです。簡単にいうと、運営できるホームページやブログのサイト規模一日にサイトを表示できる回数だけが異なります。

各プランごとの料金の違いは以下のようになります。

Xserver(エックスサーバー)のプラン別利用料金
プラン名
X10プラン
X20プラン
X30プラン
1月あたり料金合計料金1月あたり料金合計料金1月あたり料金合計料金
初期費用0円1,650円0円1,650円0円1,650円
1ヶ月契約1,100円1,100円2,200円2,200円4,400円4,400円
3ヶ月契約1,100円3,300円2,200円6,600円4,400円13,200円
6ヶ月契約1,100円6,600円2,200円13,200円4,400円26,400円
12ヶ月契約1,100円13,200円2,200円26,400円4,400円52,800円
24ヶ月契約1,045円25,080円2,090円50,160円4,180円100,320円
36ヶ月契約990円35,640円1,980円71,280円3,960円142,560円

実際に、一番料金の安いプランだと作成できるサイトの規模と1日にサイトを表示できる回数は以下のようになります。

 X10プランの例
1記事当たりの容量を2MB(平均値)とすると、
サイト規模(記事数)=300GB÷2MB=150,000記事
1日あたりアクセス上限=900GB÷2MB=450,000記事

もちろん画像や動画コンテンツが多いWebサイトだと1ページあたりの容量はもう少し大きくなりますが、X10プランでも個人でホームページやブログを運営するには使いきれないぐらいの十分な容量があります

これからエックスサーバーのレンタルを検討しているのであれば、おすすめは間違いなくX10プランです。

プランのアップグレードも可能

エックスサーバーではプランのアップグレードも可能です。例えば、サイト規模が大きくなったり、複数サイトを運営したりと必要なサーバー環境が変わることはあります。このような場合、いつでもプランをアップグレーとすることができます。

Xserver(エックスサーバー)の評判・口コミは?

エックスサーバーの良い評判

無料ドメインプレゼントと初期費用半額キャンペーンが使える

ワードプレスの設置が簡単!

安定した運用ができる

利用者が多くネットでQ&Aなどの情報を見つけやすい

複数サイト運用ができる

エックスサーバーの悪い評判

最初は設定に苦戦する

Xserver(エックスサーバー)の使い方|契約方法・ドメイン登録方法・WordPressのインストール方法

Xserverの契約方法

まず、エックスサーバーの公式サイトで「お申込み」をクリックします。

続いて「お申込みフォーム」をクリックします。

「新規申し込み」をクリックします。

お申込みフォームに遷移するので、必要事項を記入していけばレンタルサーバーの契約は終了です。

エックスサーバーにドメインを登録する方法

まず、サーバーパネルを開き、「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定追加タブを開き、新しく取得したドメイン名を入力します。

ドメイン名の入力が終了したら「確認画面へ進む」をクリックします。

最後に「追加する」をクリックしたらドメインの追加は完了です。

同様に、ドメイン側のネームサーバーにレンタルサーバーの情報を登録する必要があります。

まず、レンタルサーバーのサーバーパネルで「サーバー情報」を確認します。

ネームサーバー1~5の情報を取得できるので覚えておきます。

続いて、ドメイン登録サービスのコントロールパネルを開きます。ここでは、ムームドメインを例に説明しています。

WordPressを始めるドメインをクリックします。

ネームサーバーの設定ができるので、レンタルサーバーで確認したネームサーバー1~5の情報を入力します。

これで、ドメインをDNS(ドメインネームサーバー)が完了したので、ドメインとレンタルサーバーが紐づきます。

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

エックスサーバーのサーバーパネルを開きます。続いて、「Wordpress簡単インストール」をクリックします。

WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

これから始めるWebサイトの情報を入力すれば完了です。

Xserver(エックスサーバー)をお得に利用する方法

Xserver(エックスサーバー)は、X10プランを利用すると想定した場合、1,100円×12ヶ月で年間13,200円必要になる計算です。この利用料金を安く抑えるには、長期での契約を利用するのがもっともお得に利用できる方法です。

例えば、契約期間を36ヶ月にすると、1ヶ月あたりの利用料金を990円まで抑えることができ、年間で1,320円もお得に利用することができます

ブログやホームページの運営を考えているのであれば、コスト面から見ても間違いなく長期契約で申し込むことがおすすめです。

まとめ

この記事では、レンタルサーバーのXsereer(エックスサーバー)について、評判・口コミから料金、お得に利用する方法まで説明してきましたがいかがだったでしょうか?

また、別の記事でXserver(エックスサーバー)以外にもおすすめできるレンタルサーバーについて紹介をしてるので、ぜひレンタルサーバー選びの参考にしてください。

XserverについてのQ&A(よくある質問)

ドメインはどこで取得できますか?
ドメインは、ドメインサービスの運営会社で取得することができます。ドメインサービス運営会社についてはこちらの記事で紹介しています。
WordPressはどうやってインストールするのですか?
レンタルサーバーの管理画面からインストールすることができます。「簡単インストール機能」を使えばワンクリックでインストールすることができます。
WordPressテーマはどこで取得できますか?
無料のWordPressテーマであれば、WordPressの管理画面からテーマの追加で取得することができます。有料のテーマについてはこちらの記事で紹介しています。
レンタルサーバーを契約するとメールも使えるのですか?
レンタルサーバーは基本的にメールサーバーではなくWebサーバーです。そのため、メール機能を使うためには別途メールサーバーを契約しなければならない場合がほとんどです。
料金の支払い方法はどのような方法がありますか?
Xserverでは、クレジットカード・銀行振込・ペイジー・翌月後払い(コンビニ/銀行)・コンビニ払いがご利用いただけます。
レンタルサーバーにドメインを登録する方法は?
レンタルサーバーにはネームサーバーも含まれているためドメイン運営サービスの登録ドメインとネームサーバーを紐づけることでドメインが利用可能になります。上記の方法を参考にしてください。

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。