初心者のためのWordPressブログの始め方|環境整備から広告収益化まで
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • WordPressって何?
  • WordPressでブログを運営することのメリットとは?
  • WordPressでブログを始めるためには具体的にどのようにすればいいの?7

この記事では、上記のような疑問に応える形で、WordPressでブログを始めるための具体的なステップを紹介していきます。

WordPressとは?

WordPressとは、ブログやホームページを簡単に作成できる仕組みを提供しているソフトウェアで、CMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれるサービスのひとつです。

ホームページ作成ソフトのようなものだと考えてもらえれば大丈夫です。

 WordPressについてさらに詳しく知りたいという方はこちらの記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

WordPressブログと無料ブログの比較|WordPressの優位性(メリット)とは?

ここでは、WordPressサイトでブログを運営することのメリットを明らかにするために、WordPressでブログを始める場合と、楽天ブログやAmebaブログなどの無料でブログを始める場合の違いを説明していきます。

サイトデザインの違い

ひとつめの違いは、デザインレイアウトの違いです。

基本的に無料ブログというのは、Amebaのようなブログ提供サービスが提供する固定のデザインフォーマットが存在しており、そのフォーマットに沿ったデザインパターンしか選択することができません。

一方、WordPressブログについては、「テーマ」と呼ばれるデザインパターンが何千、何万と存在しており、その中からお気に入りのデザインパターンを選ぶことができます。さらに、少しのプログラミング知識があればオリジナルのデザインも作成することができ、WordPressには無限のデザインパターンが広がっているといえます。

ブログ運営コストの違い

2つめの違いは、ブログ運営に必要な費用の違いです。

無料ブログの場合は、その名の通り無料で始めることができます。サーバーやドメインなどについても費用がかかることはありません。

WordPressの場合は、WordPressの利用そのものに対しては費用はかかりませんが、レンタルサーバーの準備やドメインの取得などについては費用がかかってしまいます。だいたい月に1000円程度の費用が必要だと認識してもらえば大丈夫でしょう。

ただし、WordPress用のドメインを取得する場合は、トップレベルドメイン、無料ブログでもらえるドメインについてサブドメインと呼ばれるドメインになるため、ブログの資産的価値はWordPressサイトの方が高いといえるでしょう

ドメインの詳しい説明について以下の記事を参考にしてください。

広告設置制限についての違い

3つ目の違いは、広告の設置に関する制限についてです。

無料ブログの場合は、商用広告の利用が禁止されていたり、特定の広告だけに限定しているというケースが良くあります。

一方、WordPressサイトの場合は、基本的に何の制限もありません。サイト運営者の自由に記事内に広告を配置することができます

ただし、ギャンブルやアダルト関係の広告に関しては、レンタルサーバーによって禁止されているケースもありますので、お使いのレンタルサーバーの規約はしっかり確認するようにしましょう。

資産リスクの違い

最後は、ブログを資産と捉えたときの資産リスクの違いです。

例えば、無料ブログの場合は、無料ブログサービスの提供会社がSEO的に悪い影響を受けると同様にブログのも悪い影響が及んでしまいます。また、提供会社がブログサービスの提供をやめれば、ブログも同様に消滅してしまいます。

WordPressサイトの場合は、運営者自身がドメインの所有者となるため、外部環境の影響は受けづらくなっています。ただし、セキュリティ面の問題等に関しては、同様に影響を受けるため、サイト運営者自身が責任をもってセキュリティ対策を行う必要があります

WordPressブログと無料ブログの比較 まとめ

上記のように、WordPressブログと無料ブログを比べると、ブログ運営コストが無料という点では、無料ブログに優位性があります

しかし、ブログを収益化しようと考えている場合は、圧倒的にWordPressブログに優位性があります差別化されたサイトデザインを作成したり、好きな広告を好きな位置に配置したりというようなことができるのはWordPressブログだけです。

また、ドメインについても世界に一つのオリジナルドメインをしっかり成長させて、強いドメインパワーを持つようになれば、それはれっきとした資産になります。

このように、ブログにおける広告の収益化を考えるのであれば、間違いなくWordPressを使ったブログ設計を行うべきだといえるでしょう。

 WordPressはこんな人に向いてる
ジャンル問わずブログの収益化を考えているユーザー

 無料ブログはこんな人に向いてる
趣味ブログや近況報告ブログを運営したいユーザー

WordPressブログの始め方|必要環境の整備

WordPressを始めるために必要なもの

まず、WordPressを始めるためには、以下の環境を整える必要があります。

 Wordpressを始めるために必要な環境
  • レンタルサーバー
  • ドメイン
  • WordPressテーマ

それぞれについて簡単に説明しておきます。

レンタルサーバーとは?

サーバーとは、WordPressで作成したブログやホームページのデータを保存して、インターネット利用者のリクエストに応じてページを表示するサーバーコンピューターのことです。

だいたい月に1,000円程度の費用がかかります。

>>おすすめのレンタルサーバー紹介はこちら

ドメインとは?

ドメインとは、Webサイトのインターネット上の住所のようなもので、https://www.○○○.com/というWebサイトURL〇〇〇.comの部分を指します。

ドメインには年間で1,000円~2,000円程度の費用がかかります。

>>おすすめのドメイン取得サービス紹介はこちら

WordPressテーマとは

Wordpressとは

WordPressテーマとは、WordPressを使ってブログやホームページなどのサイト制作を行う際に、配色やレイアウトといったデザインパターン、マーカーやボックス作成機能、吹き出し作成機能といった記事作成支援ツール、メニューやサイドバーなどのウィジェット管理機能、ランダム広告やフッター広告など広告管理機能など、サイト作成に必要なあらゆる機能がパッケージ化されたサイト作成テンプレートのことです。

テーマには有料のものと無料のものがありますが、有料のテーマでも一度購入すればそれ以降費用はかかりません。

>>おすすめのWordPressテーマはこちら

WordPressブログの始め方|具体的な手順

 Wordpressを始めるための具体的な手順
  1. レンタルサーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. レンタルサーバーにドメイン登録を行う
  4. DNS(ドメインネーム)サーバーにレンタルサーバーの情報を登録する
  5. レンタルサーバー上にWordpressをインストールする
  6. WordPressテーマを取得する
  7. WordPressにテーマを有効化する
  8. WordPressにブログの基本情報を登録する
  9. 記事を追加する
  10. 広告を追加する

以上の10ステップでWordPressを使って実際にインターネット上にブログやホームページといったWebサイトを公開することができます。

ひとつずつ見ていきましょう。

1.レンタルサーバーを契約する

WordPressサイトを始める上で最初に必要なことは、レンタルサーバーと契約を行いサーバー環境を準備することです。

例えば、当サイトで利用しているエックスサーバーであれば、以下のような手順でレンタルサーバーの契約を行うことができます。

まず、レンタルサーバーでの公式サイトで「お申込み」をクリックします。

続いて「お申込みフォーム」をクリックします。

「新規申し込み」をクリックします。

お申込みフォームに遷移するので、必要事項を記入していけばレンタルサーバーの契約は終了です。

2.ドメインを取得する

続いて、WordPressサイトのためのドメインを取得する必要がります。

当サイトで利用しているムームードメインであれば、以下のような手順で取得します。

まず、欲しいドメインの文字列を入力して検索をクリックします。

取得可能であれば以下のように表示されるので、「カートに追加」をクリックします。

「お申込みへ」をクリックします。

「新規登録する」をクリックする。

ドメイン取得が初めてであれば、新規ユーザー登録画面に遷移するので必要事項を入力していきます。必要事項の入力が終われば、ドメインの取得は完了です。

3.レンタルサーバーにドメイン登録を行う

続いて、取得したドメインを契約したレンタルサーバーに登録する必要があります。

以下は、エックスサーバーの例です。

まず、サーバーパネルを開き、「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定追加タブを開き、新しく取得したドメイン名を入力します。

ドメイン名の入力が終了したら「確認画面へ進む」をクリックします。

最後に「追加する」をクリックしたらドメインの追加は完了です。

4.ドメインネームサーバーにレンタルサーバーの情報を登録する

同様に、ドメイン側のネームサーバーにレンタルサーバーの情報を登録する必要があります。

まず、レンタルサーバーのサーバーパネルで「サーバー情報」を確認します。

ネームサーバー1~5の情報を取得できるので覚えておきます。

続いて、ドメイン登録サービスのコントロールパネルを開きます。

WordPressを始めるドメインをクリックします。

ネームサーバーの設定ができるので、レンタルサーバーで確認したネームサーバー1~5の情報を入力します。

これで、ドメインをDNS(ドメインネームサーバー)が完了したので、ドメインとレンタルサーバーが紐づきます。

5.レンタルサーバー上にWordPressをインストールする

続いて、レンタルサーバー上にWordPressをインストールする必要があります。ほとんどのレンタルサーバーで「WordPress簡単インストール機能」があるので、その機能を使えばものの数分で終わります。以下はエックスサーバーの例です。

再び、レンタルサーバーのサーバーパネルを開きます。続いて、「Wordpress簡単インストール」をクリックします。

WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

これから始めるWebサイトの情報を入力すれば完了です。

6.Wordpressテーマを取得する

続いてWordPressのテーマを取得します。無料のものであれば、WordPressの管理画面から取得することができますので、ここでは無料のテーマを利用するケースで説明します。

WordPress管理画面から「外観」>「テーマ」をクリックします。

「テーマを追加」から好きなテーマを選択してインストールをクリックします。

7.Wordpressにテーマを有効化する

取得したWordPressテーマを利用するためにはテーマを有効化する必要があります。

以下のように、テーマ管理画面から、「有効化」をクリックすればテーマを有効化することができます。

8.Wordpressにブログの基本情報を登録する

続いて、WordPressの管理画面からサイトの基本情報を登録していきます。

ここでは、サイトのタイトルやサイトの説明文などを入力することができます。

9.記事を追加する

WordPressサイトの基本情報の設定が終わったら、次は記事を書いていきます。

管理画面から「投稿」>「新規追加」で記事を追加していきます。

記事を書き終えたら、「公開」をクリックします。

これで、Webサイトがインターネット上に公開されました・

10.広告を追加する

記事内に広告を追加する場合は、記事を公開する前に適切な位置に広告を配置します。

テキストモードで広告タグを貼り付けたら、広告を配置することができます。

まとめ

この記事では、WordPressでブログを始めるための方法を具体的に説明してきましたがいかがだったでしょうか?

実際に行ってみればとても簡単にWebサイトを作成して公開することができると分かりますね。この後は、どんどん記事を追加してコンテンツの質を高めていく作業がメインとなります。どんどん記事を追加して他のサイトと差別化されたオリジナルのWebサイトを目指してください。

無料体験

techacademyWordPressコース

Wordpressをしっかり学びたいなら・・・

TechAcademy WordPressプログラミングコース

  • パーソナルメンターによる学習サポート
  • HTML/CSS/PHPが身につくカリキュラム
  • Wordpressテーマの作成スキルが身につく

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。