MAYAと3DSMAX徹底比較|各ソフトの違いは?【3Dモデリング・レンダリングソフト】
この記事で解決できる問題点・疑問点
    • MAYAと3DSMAXって何が違う?
    • それぞれが得意な分野は?

    MAYA3DSMAXは、どちらも3Dモデリング・レンダリングソフトでそれぞれのソフトできることは共通している部分も多いです。しかし、同じAUTODESK社が販売しているにもかかわらずコマンドなどの操作方法は全然違うので、これから始めるという人は、まずはどちらに絞って勉強するようにしましょう。

    といってもどちらを選べばいいのか分からないという方も多いと思います。この記事では、そのような疑問に応える形で、それぞれの違いや向いている分野について紹介していきます。

    認定講座

    3DCGのプロを目指すなら・・・

    デジハリオンラインスクール3DCG講座

    MAYA3DSMAX徹底比較|各ソフトの違いは?

    MAYA3DSMAXの違いは?

    MAYA3DSMAXの違いをまとめると以下の表のようになります。表にあるMAYA LTとは、廉価版のMAYAで機能を制限している変わりコストが抑えられたモデルです。

    MAYA
    MAYA LT
    3ds MAX
    CG業界でのシェア
    向いている分野キャラクターアニメーション
    ゲーム開発
    キャラクターアニメーション
    ゲーム開発
    3Dアニメーション
    建築業界
    対応OSWindows、MacWindows、MacWindowsのみ
    3Dモデリング
    3Dレンダリング
    ×
    スクリプト機能
    ×
    リギング機能
    ×
    ×
    モディファイア機能
    ×
    モーショングラフィックス
    ×
    ツールセットの豊富さ
    プラグインの豊富さ
    CG分野以外での汎用性

    対応OSでの比較

    MAYAは、WindowsMacそれぞれに対応しており、3DSMAXWindowsのみの対応になります。MacユーザーであればMAYA一択ですが、WindowsユーザーであればMAYAでも3DSMAXでもどちらも選ぶことができます

    得意分野での比較

    表を見てもらうと分かるように、アニメや映画、ゲームなどの開発はMAYAの方が得意です。3Dアニメーションや正確な寸法が必要な建築図などには3DS MAXが向いています。

    拡張機能での比較

    拡張機能という点では、プラグインが豊富に用意されている3DS MAXの方が優秀だといえます。プラグインを利用することでプログラミングの知識がなくても欲しい機能を追加したりできる点は、実際にCG制作をしていてとても助かるポイントです。

    反面、MAYAはアニメーションツールセットのようにデフォルトの機能が充実しています。また、スクリプトという機能があり、簡単なプログラミング知識があればオリジナルのツールを作成することができます。プログラミング知識があり自分でスクリプト開発を行えるという方はMAYAがおすすめです

    補足:用語についてのQ&A

    3Dモデリングとはなんですか?
    3Dモデリングとは、3Dモデルと呼ばれる3 次元のオブジェクトまたは形状の数学的表現をソフトウェアを使って作成するプロセスのことです。
    3Dレンダリングとは?
    3Dレンダリングとは、3Dモデルの表面の質感や模様、光源、影の反射などを計算して、よりリアルなモデルを作り上げるプロセスのことです。
    スクリプト機能とは何ですか?
    プログラミングをすることで機能が拡張できる機能。簡単なスクリプトであれば少しのプログラミング知識で作ることができます。
    モディファイア機能とは何ですか?
    各ツールの詳細設定機能のことです。
    リギング機能機能とは何ですか?
    キャラクターを動かすための仕組みを作ることです。
    モーショングラフィックスとは?
    モーショングラフィックスとは、ロゴやイラスト、文字、図形、写真などに動きを加えて動画にしたもののことです。

    MAYAAUTODESK)の特徴・価格・動作環境

    MAYAとは

    おすすめ

    3Dモデリング&レンダリングソフトウェア

    AUTODESK MAYA
    ¥36,300/月 \286,000/年

    • ディズニーやピクサーのCG、アニメーション制作でも使用される
    • 直感的な操作でモデリングとレンダリングができる

    MAYAはAUTODESK(オートデスク)株式会社が販売している3DCG製作ソフトウェアで、あのディズニーやピクサーのCG制作に使われていることで有名です。アニメーションやキャラクター、リアルなテクスチャ、モーショングラフィックスなどの制作を効果的に行うことができます。

    また、MAYAに付属するレンダリングソフトArnoldを利用することで、直感的な操作でキャラクターや景色などの複雑なオブジェクトをレンダリングできる点も人気の理由です。

     MAYAでできること
    • 3Dモデリング
    • 3Dレンダリング
    • アニメーション・キャラクター作成
    • スクリプトによる機能の拡張
    • Windows、MAC間でのデータの共有

    MAYAの動作環境

    MAYAの動作環境は以下のようになります。

    AUTODESK MAYA 動作環境
    オペレーティングシステムMicrosoft® Windows® 10
    Apple® macOS® 11.x、10.15.x、10.14.x、10.13.x オペレーティング システム
    Linux® Red Hat® Enterprise 8.2、7.6~7.9 WS オペレーティング システム
    Linux® CentOS 8.2、7.6~7.9 オペレーティング システム
    ブラウザApple® Safari® Web ブラウザ
    Google Chrome™ Web ブラウザ
    Microsoft® Internet Explorer® Web ブラウザ
    Mozilla® Firefox® Web ブラウザ
    CPU64 ビット Intel® または AMD® マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用
    M シリーズ チップが搭載されている Apple Mac モデルは、Rosetta 2 でサポートされます。
    グラフィックス ハードウェアNVIDIA Quadro2000以上
    NVIDIA GeForce GTX 680以上
    AMD Radeon Pro WX 4100以上
    AMD FirePro W2100以上
    AMD Radeon R9 370/X以上
    RAM8 GB の RAM (16 GB 以上を推奨)
    ディスク空き容量インストール用に 6 GB のディスク空き容量
    ポインティング デバイス3 ボタン マウス

    一般的な汎用CAD等であればNVIDIA【GeForce】シリーズでも十分ですが、MAYAのような本格的なCG制作ソフトを利用する場合はNVIDIA【QUADRO】シリーズを搭載したワークステーションと呼ばれるようなPCがおすすめです。

    >>ワークステーションPCを探す

    3DSMAXAUTODESK)の特徴・価格・動作環境

    3ds Maxとは

    おすすめ

    3Dモデリング&レンダリングソフトウェア

    AUTODESK 3DS MAX
    ¥36,300/月 \286,000/年

    • 直感的な操作でモデリング・レンダリングが可能
    • 豊富なプラグインでプログラミング知識なしで機能の拡張が可能

    3ds Maxは、AUTODESK(オートデスク)株式会社が販売する3DCG製作ソフトウェアで、アニメーションやゲームだけでなく建築分野にも強いことが特徴で、建築物の完成イメージとして利用されることも多いです

    レンダリング機能については、Arnoldレンダラーが組み込まれているため、複雑なオブジェクトであっても直感的な操作で処理することが可能です。

    また、プラグイン(拡張機能)が豊富で後から様々な機能を追加することができるという点も3ds Maxの特徴です。

     3ds Maxでできること
    • 3Dモデリング
    • 3Dレンダリング
    • アニメーション・キャラクター作成
    • プラグインによる機能の拡張
    • 建築物の完成イメージ図の作成

    3ds Maxの動作環境

    3ds Maxの動作環境は以下のようになります。

    AUTODESK 3ds Max 動作環境
    オペレーティングシステムMicrosoft® Windows® 10
    ブラウザMicrosoft® Edge
    Google Chrome™
    Microsoft® Internet Explorer®
    Mozilla® Firefox®
    CPU64 ビット Intel® または AMD® マルチコア プロセッサ、SSE4.2 命令セットを使用
    グラフィックス ハードウェアNVIDIA Quadroシリーズ 推奨
    AMD FireProシリーズ 推奨
    RAM最低 4 GB の RAM (8 GB 以上を推奨)
    ディスク空き容量インストール用に 9 GB のディスク空き容量
    ポインティング デバイス3 ボタン マウス

    一般的な汎用CAD等であればNVIDIA【GeForce】シリーズでも十分ですが、MAYAのような本格的なCG制作ソフトを利用する場合はNVIDIA【QUADRO】シリーズを搭載したワークステーションと呼ばれるようなPCがおすすめです。

    >>ワークステーションPCを探す

    まとめ

    この記事では、MAYA3DSMAXについてその違いからそれぞれが向いている分野まで紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

    各ソフトの詳細についてはこちらの記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

    >>MAYAについて

     

    >>3DS MAXについて

    MAYAについてのQ&A(よくある質問)

    3Dモデリングとはなんですか?
    3Dモデリングとは、3Dモデルと呼ばれる3 次元のオブジェクトまたは形状の数学的表現をソフトウェアを使って作成するプロセスのことです。
    3Dレンダリングとは?
    3Dレンダリングとは、3Dモデルの表面の質感や模様、光源、影の反射などを計算して、よりリアルなモデルを作り上げるプロセスのことです。
    マテリアルとは何を意味しますか?
    マテリアル(質感)とは、オブジェクトの質感を設定するもので、色合いや光の反射、透過、陰影などを設定することができます。つまり、作ったモデルがどんな風に見た人の目に映るのかを設定するものがマテリアルです。
    テクスチャとは何を意味しますか?
    テクスチャ(模様)とは、立体物の模様を表現するために使われる画像のことです。コンクリートや木目など、貼り付ける画像によって見た目の印象を大きく変えることができます。
    モーショングラフィックスとは?
    モーショングラフィックスとは、ロゴやイラスト、文字、図形、写真などに動きを加えて動画にしたもののことです。
    MAYAとMAYA LTの違いは?
    MAYA LTは、MAYAに含まれるレンダリング機能、ダイナミクス機能、モーション グラフィックス ツールも搭載されていません。その分、料金が安く設定されていることが特徴です。
    インディーユーザー向けの Maya と Maya LT の違いは何ですか?
    インディーユーザー向けの Maya は、利用資格を有するユーザーおよび組織を対象にしたフル バージョンのソフトウェアです。Maya LT は、インディーゲーム開発者/デザイナー向けの機能限定版ソフトウェアです。
    認定講座

    3DCGのプロを目指すなら・・・

    デジハリオンラインスクール3DCG講座

     

    この記事の執筆者

    しろくま
    しろくま
    WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。