【おすすめ】CADオペレーターの転職に強い転職サイトと転職エージェント
この記事で解決できる疑問点・問題点
  • CADオペレーターの転職におすすめの転職サイトやエージェントを知りたい・・・
  • 転職エージェントの効果的な利用方法を知りたい・・・

この記事では、上記のような疑問に応える形で、CADオペレーターの転職におすすめの転職サイトやエージェントを紹介しています。

また、記事の後半では効果的な転職エージェントの利用方法についても説明していますのでぜひ参考にしてください。

CADオペレーターの仕事とは?必要な資格は?

CADオペレーターの仕事とは?

一見すると、CADを使った仕事というのは、設計図を描いたり図面を製図したりととても特殊な作業のように見えます。しかし実際は、CADオペレーターの仕事として上記のような設計・作図という作業は一部にしかすぎません。それよりも、設計図や図面を用いて物を作るサポートをしたり、使いやすいように設計図や図面を編集したりという作業の方が格段に多いです。

例えば、”CADオペレーター 求人”と検索してみると、仕事内容の部分は「図面チェックや修正、および、事務所内の事務業務(書類作成など)」というような内容が書かれていることが非常に多いです。つまり、CADオペレーターに求められていることは、設計や製図を行う能力だけでなく、CADソフトの操作能力が求められていることが多いということです。

CADオペレーターの仕事のポイント
  • 図面・設計図の製図作業
  • 図面・設計図のチェック及び編集作業
  • 書類作成等の事務作業

一見、難しいイメージのCADですが、操作できる能力を身につけることはエクセルやワードを覚えることと大して違いはありません。要は、そのCADソフトを使って何ができるのかを正しく理解して自分の引き出しとして身につけることが重要だということです。

CADオペレーターに必要な資格は?

CADオペレーターとして仕事に就くために必要な資格は特にありませんが、資格を持っていることで対外的にCADのスキルを証明することができます。そのため、資格を持っていることが有利に働くこともあるため、必ず必要というわけではないですが、資格を持っていないよりは持っている方が良いでしょう。


ただし、上でも説明しているように、実際にCADをしっかり扱えるということがもっとも重要です。まだCADに不慣れだという方は講座などを利用してスキルアップを図りましょう。

CADオペレーターの転職におすすめの転職サイトと転職エージェント

1位

株式会社リクルート

リクルートエージェント

業界最大手!転職支援実績No.1のエージェントサービス

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する転職エージェントサービスで、公開求人数約9万件、非公開求人約10万件と業界最大級の求人登録数と様々な業界に精通したキャリアアドバイザーによる支援が特徴です。

また、その求人数の多さから全国のあらゆるエリアのあらゆる分野の求人をカバーしており、CADオペレーターの求人だけでもゼネコンから設計事務所、機械メーカー、インテリアメーカーなど多種多様な求人案件があります。そのため情報を得るためだけでも登録しておいて損はないサービスです。

リクルートエージェント
おすすめ度
利用料金無料
登録求人数約20万件(公開・非公開)
主な対象20代~50代の男性・女性
求人エリア全国
スカウトサービスあり
書類添削サービスあり
面接対策サービスあり
サービス形態エージェント型

>>公式サイトで詳細を確認する

 

2位

株式会社マイナビ

マイナビエージェント

非公開求人数が豊富で地方の転職にも強い転職エージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントで、地方にも支社があるためUターンやIターン転職に強みがあるのが特徴の転職エージェントです。

また、全求人数に対して約8割が非公開求人であるため、マイナビでしか応募できないような独占的な求人もあるので、他の転職エージェントと併用して登録しておきたいサービスです。

マイナビエージェント
おすすめ度
利用料金無料
登録求人数非公開
主な対象20代~50代の男性・女性
求人エリア関東エリア(1都6県)関西エリア( 2府4県) 東海エリア(愛知・静岡・三重・岐阜) 福岡
スカウトサービスあり
書類添削サービスあり
面接対策サービスあり
サービス形態エージェント型

>>公式サイトで詳細を確認する

 

3位

パーソルキャリア株式会社

DODA(デューダ)

業界トップクラスの求人登録実績とエージェントサービスによる充実したサポート体制が魅力

DODA(デューダ)はパーソルキャリア株式会社が運営する転職サイト型エージェントで、公開求人・非公開求人合わせて約10万件と業界トップクラスの求人登録実績があります。

エージェントサービスは、応募前の書類の準備から面接対策まで一貫したサポートを受けることができるので登録しておく価値があります。

DODA(デューダ)
おすすめ度
利用料金無料
登録求人数約10万件
主な対象20代~50代の男性・女性
求人エリア全国
スカウトサービスあり
書類添削サービスあり
面接対策サービスあり
サービス形態サイト型・エージェント型

>>公式サイトで詳細を確認する

 

4位

株式会社パソナキャリア

パソナキャリア

ハイクラス転職に強い転職エージェント

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する転職エージェントで、ハイクラス転職に実績があることが特徴です。

また、パソナキャリアの転職サイトと併用することで、公開求人の中から気に入った求人を見つけてエージェントを利用して応募するというような使い方もできます。

他の転職サイトやエージェントにはない求人もあるのでとりあえず登録しておいて損はないサービスです。

パソナキャリア
おすすめ度
利用料金無料
登録求人数非公開
主な対象20代~50代の男性・女性
求人エリア全国
スカウトサービスあり
書類添削サービスあり
面接対策サービスあり
サービス形態エージェント型

>>公式サイトで詳細を確認する

 

5位

株式会社RSG

RSG Construction Agent(RSGコンストラクションエージェント)

給与アップ実績99.4%!土木・建設業界特化型の転職エージェント

RSG Construction Agentは、株式会社RSGが運営する建設業界特化型の転職エージェントです。登録求人のメインは、土木・建設業界の求人ですが、CADオペレーターやインテリアプランナーやソフトウェア開発などの求人が充実していることも特徴です。

特化型エージェントで、RSG Construction Agentでしか取扱いをしていない求人も多いので、リクナビやマイナビといった大手エージェントと併せて登録してきたいサービスです。

RSG Construction Agent
おすすめ度
利用料金無料
登録求人数非公開
主な対象20代~50代の男性・女性
求人エリア全国
スカウトサービスあり
書類添削サービスあり
面接対策サービスあり
サービス形態特化型エージェント型

>>公式サイトで詳細を確認する

 

転職エージェントを利用する時の転職活動の流れ

転職エージェントや転職サイトを利用するときの基本的な流れは以下のようになります。

転職エージェント利用の流れ

1.会員登録

2.キャリアアドバイザーとの面談

3.求人の紹介

4.応募書類の添削・準備

5.面接への応募・書類提出

6.面接対策

7.企業との面接

転職エージェントであれば、応募者ひとりひとりに担当者がついてくれるため、細かな条件にマッチした求人の紹介を行ってくれたり、無料で応募書類の添削や模擬面接などの面接対策を行ってくれます。

応募者が一人で転職活動を行うよりも格段に転職の成功率を高めることができるのでエージェントサービスの利用は進んで行いましょう。

転職エージェント利用時の注意点

転職エージェントの利用でよく聞くデメリットに以下のようなものがります。

1.キャリアアドバイザー(担当者)に当たり外れがある

この記事紹介しているような大手の転職のエージェントの場合は、キャリアアドバイザーの人数が多いためどうしてもキャリアアドバイザーの質にばらつきが生じてしまいます。そのため、キャリアアドバイザーが自分に合わなかったり、適切な求人を紹介してくれないというケースはどうしても起こってしまいます。

そういった状況に陥らないように、転職サイトや転職エージェントを利用して転職活動を行う場合には、複数の転職エージェントを利用するというのが定石です

2.希望の条件にマッチした求人が見つからない

上記のデメリットと同様に、ひとつの転職エージェントだけではなかなか希望に合った求人が見つからないという話もよく聞きます。しかし、転職活動というのは、人生において大事な決断のひとつであるのでできるだけ多くの求人の中から選びたいものです。

このような場合も上のケースと同様で、複数の転職エージェントの併用がおすすめです。

例えば、この記事で紹介しているCADオペレーターの求人だと、RSG Construction Agentのような特化型のエージェントとリクルートエージェントのような総合エージェントの併用で転職活動を行うというようなパターンがおすすめです

参考:転職サイトと転職エージェントの違い

最後に、実際の転職活動において転職サイトと転職エージェントの呼び方の違いは気にする必要はありませんが、参考までに転職サイトと転職エージェントはどう違うのかを説明しておきます。

転職サイトとは

転職サイトとは、Webサイト上で公開されている求人の中から自分で応募したい求人を見つけて実際に応募して面接までを行うというような使い方をするサイトのことです。

有名なところでは、リクナビNEXTやDODA(デューダ)などのサービスがあります。

転職サイトの特徴
  • 公開されている求人の中から好きな求人に応募することができる

転職エージェントとは

転職エージェントは、応募者ひとりひとりにキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者がつき、希望に合った求人を紹介してくれるサービスのことです。

また、キャリアアドバイザーによる書類の添削や面接対策、推薦文、内定後のフォローまでをサポートしてくれるので、応募者は集中して転職活動に取り組むことができます。

転職エージェントの特徴
  • 公開されている求人だけでなく非公開の求人も転職先の候補に入れることができる
  • キャリアアドバイザーによる体系的な転職サポートを受けることができる

転職活動を効果的に進めるために役立つその他のサイト

自己分析

ミイダス株式会社

ミイダス

自分の市場価値を算出するツール

ミイダスとは、経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を算出することができるサービスのことです。また、このデータ分析によって、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を明確にすることができるので、ぜひ転職エージェントと併せて登録しましょう。

 

情報収集

株式会社リブセンス

転職会議

情報取集に役立つ掲示板ツール

転職会議では、様々な企業の転職活動に関する掲示板を閲覧することができます。応募者だけでなく、実際に働いている「中の人」の声を聞くことができるのが魅力です。

 

まとめ

この記事では、CADオペレーターの転職に強い転職サイトと転職エージェントについて紹介をしてきましたがいかがだったでしょうか?

上記でも説明してきたように、キャリアアドバイザーの質の違いや登録求人の違いなどがあるため、複数の転職エージェントの併用で転職活動を進めていくことが効果的です。この記事で紹介した転職サイトやエージェントの利用はどれも無料ですのでぜひ積極的に活用するようにしましょう。

転職サイト・転職エージェントについてのQ&A

転職サイト・転職エージェントを利用するメリットは?
転職サイト・転職エージェントに登録すると、公開されている求人だけでなく非公開の求人についての紹介も受けることができるのでより希望に則した求人を探すことができます。また、転職エージェントを利用することで、書類の添削や面接対策などのサポートを受けることができるのも大きなメリットです。
転職サイト・転職エージェントの利用には費用がかかりますか?
転職サイト・転職エージェントの利用は無料で行うことができます。転職サイト・転職エージェントを運営してい会社は企業から報酬を得ているため、利用者は無料で利用できるというビジネスモデルになっています。
転職エージェントは同時に複数エージェントを利用できますか?
もちろんできます。担当者との合う合わないもあるので複数エージェントを利用するのがエージェントの基本的な使い方です。
転職エージェントと転職サイトの違いは?
求人検索をしてその中から自分で応募して面接まで行うものが転職サイト、担当者がつきその担当者と二人三脚で転職活動を行うのが転職エージェントです。

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。