コーナー処理ichatch

CADで図面を修正したり作図したりするときに、非常に良く使う機能のひとつが「コーナー処理」です。

中でも、面取りや角を丸めるといった処理ではなく、線と線を接続してコーナー処理をするというのは非常に使用する場面が多いです

この記事では、AutoCADを用いた具体的なコーナー処理の方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

なお、この記事では以下のようなサンプル図面を使用して説明していきます。

1コーナー処理素材

AutoCADでコーナー処理(接続)を行う方法

「修正」メニュー>「フィレット」 もしくは、「修正」メニュー>「面取り」

2コーナー処理フィレット

まず、最初のオブジェクトを選択と要求されるので、コーナー処理をしたい1本目の線を選択します。

3コーナー処理フィレット

次に、2つめのオブジェクトを選択と要求されるので、Shiftを押しながら2本目の線をクリックして選択します

4コーナー処理フィレット(shift)

以上で、コーナーが自動的に接続されます。

5コーナー処理完成

同様に右の線分もやってみます。

6コーナー処理フィレット2

先ほどと同じようにコーナー処理がされました。

7コーナー処理フィレット2

 

フィレット機能で角を丸めるコーナー処理をする方法

「修正」メニュー>「フィレット」

8コーナー処理フィレットメニュー

まず、コマンドラインの半径(R)をクリックして選択します。(または、コマンドラインでREnter

9コーナー処理フィレット半径指定

次に、コーナー(角)を丸めたい半径を指定します。ここでは、5と入力しています。

10コーナー処理フィレット半径指定

オブジェクトを指定するように要求されるので、1本目、2本目の線をクリックして選択します。

11コーナー処理フィレット半径指定

以上でコーナー(角)がフィレットされ指定した半径で丸まります。

 

AutoCADでコーナーの面取り処理を行う方法

ここでは、距離を指定して面取りをするケースを考えます。

「修正」メニュー>「面取り」

12コーナー処理面取り

まず、コマンドラインの距離(D)をクリックして選択します。(または、DEnter

15コーナー処理面取り距離

次に、1本目の面取り距離を指定と表示されるので、面取りしたい距離を入力して指定します。(ここでは、10と入力して指定しています)

16コーナー処理面取り距離

2本目も同様に入力して指定します。

17コーナー処理面取り距離

面取り距離の指定が終わると、1本目の線を選択と要求されるので、1本目の線を選択します。

18コーナー処理面取り距離

同様に、2本目の線を選択と要求されるので、2本目の線を選択します。

19コーナー処理面取り距離

以上で、コーナー(角)が指定した距離で面取りされます。

 

まとめ

3パターンのコーナー処理の方法を説明しましたがいかがだったでしょうか?

おそらくもっともよく使うのは一つ目のフィレットも面取りもせずにただコーナーを接続して処理する操作ではないでしょうか?このコーナー処理については、AutoCADは他のCADソフトと比べても非常に簡単に行うことができます。ぜひ試してみてください。

認定講座

ヒューマンアカデミーAutoCADコース2

AutoCADをしっかり学びたいなら・・・

ヒューマンアカデミー CAD講座

  • AUTODESK社認定スクール
  • 希望に合わせて選べる複数の受講スタイル
  • 業界スタンダード資格取得可能

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。