海外FXをおすすめできない5つの理由|FXを始めるならどこで口座開設すべきか?
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • なぜ海外FXをやってはいけないのか?
  • 海外FXをするとどんな問題があるのか?
  • FXを始めるならどんな業者がおすすめなのか?

この記事では、上記のような疑問に応える形で海外FXがおすすめできない理由を紹介していきます。また、実際にFXを始めるならどのようなFX口座がおすすめなのかについにても紹介しています。

海外FXをおすすめできない5つの理由

金商品取引法に違反している

海外FXをおすすめできない理由の一つ目が、金商品取引法に違反しているという点です。日本においては、FXなどの金融商品取引を行う場合は、金融商品取引業の登録を行っている事業者であることが必要です。しかし、ほとんどの海外FX業者が金融商品取引法の定めるレバレッジ規制をクリアすることができず、無登録のまま営業を行っています。(レバレッジ規制については、記事下部のQ&Aで説明しています。)

FX取引は、成功すればするほど大きな金額を動かすことが特徴ですが、無登録の業者などで取引を行って何か問題があった場合、相談できるところがありません。そのようなリスクがあるため海外FXはおすすめできません。

海外FXの違法性についてもっと詳しく知りたいという場合は、以下の記事を参考にしてください。

高すぎる手数料

ここでは、便宜上手数料と書いていますが、具体的にはスプレッドのことです。

スプレッドについては、記事下部のQ&Aで詳しく解説しています。

例えば、日本のFX会社で取引をする場合、ドル/円などの通貨ペアだと取引数量1ドルあたり0.1銭程度です。これは1万ドルの取引をした場合、約10円です。それに対して、海外FXだと取引数量1ドルあたり1銭程度必要になります。これは、1万ドルの取引をした場合、約100円必要になるということです。

その差は約10倍で、日本のFX会社と比べてその分利益を得ることが難しいということは明らかです

大きすぎるリスク

大きすぎるリスクとは、大きすぎるレバレッジのことです。上でも説明しましたが、日本のレバレッジ規制は25倍が上限です。例えば、50万円をレバレッジ25倍で取引をすると1,250万円分(約10万ドル)の取引をすることができます。もしこの状況で大きな急落が生じてドルが1円下落したとします。この場合、買いポジションでドル/円を保有していたとしても、損失は10万円で破産することはありません。

しかし。海外FXだとレバレッジ1,000倍程度が当たり前です。例えば、50万円をレバレッジ1,000倍で取引をした場合、5億円(5百万ドル)分のFX取引をすることができます。もしこの状況で大きな急落が生じてドルが1円下落したとします。この場合、買いポジションでドル/円を保有していたとしたら、損失は500万円で一瞬でロスカットにあってしまい破産してしまいます。

成功したときに得る金額も大きいですが、一度破産してしまえばそこで終了してしまうというリスクも十分に把握しておくことが必要です

急なスプレッドの拡大による強制ロスカット

海外FXにおいて最も危険な部分がこの急なスプレッドの拡大にあります。先ほども説明したように、スプレッドとは買値と売値の価格差のことで、海外FXであれば1銭程度と説明してきました。しかし、それは取引が活発な時間のスプレッドのことで、取引が少ない時間帯に急に1銭から20銭に拡大することもあります

例えば、買いポジションでFX取引を行い、10銭下がったところにロスカットを置いていたとします。その時に急にスプレッドの拡大が生じてスプレッド20銭に広がると、本当の値動きは一切なくても急に価格が20銭下がったかのような動きになってしまい理不尽なロスカットにかかってしまいます

海外FXでは、不意にこのようなスプレッドの拡大が生じることが良くあります。それに対して、日本の場合は、日本、ロンドン、ニューヨークなどの主要な取引場が閉まっている日本時間の朝方6時から7時程度とスプレッドが拡大する時間がある程度決まっているので、投資家は備えることができます。

もし、海外FX取引を考えている場合は、このようなスプレッド拡大の問題も頭に入れておきましょう。

入金・出金などのトラブル対応

上でも説明したようにレバレッジ規制に違反する海外FX事業者は、金融商品取引業の登録を行っていません。そのため、もし取引業者との間に問題が生じたとしても、金融庁や消費者生活センターなどからサポートを受けることができません

もちろん、中にはそのようなトラブルが一切ないような海外FX業者も多く存在していますが、もしもの時は日本のFX業者で取引しているときと比べると保証を受けることができる範囲が限られます。

海外FXを行う場合は、良くも悪くも自分で何とかしなければならないということだけはしっかりと留意しておきましょう。

金融商品取引業に登録していない海外事業なトラブル事例

実際に、国民生活センターに相談が来ている事例に以下のようなものがあります。

20歳代 男性

2014年6月
儲けることができなかった
無料掲示板で「100万円ぐらいなら稼ぎ方教えます」という書き込みを見て、その書き込みをした女性に連絡をした。すると、その女性から連絡があり「いくら稼ぎたいか」と聞かれたので「70万円」と答えると、「私は今まで8,000万円ほど稼いでいるので簡単に稼げますよ」と言われた。その後、海外業者のサイトのアドレスが記載されたメールが送られてきたので、すぐに記載されたアドレスにアクセスして、氏名や生年月日、クレジットカード番号を入力し、サイト内のバイナリーオプション取引口座を開設した。最初に1万円を入金して取引を開始した。しかし、すぐに残金がなくなったため決済を繰り返したが、もうけることはできなかった。その後もお金を取り戻そうと取引を繰り返したが、残金がわずかになり不安になった。これまでの投資総額約50万円を返してほしい。

出典:国民生活センター

 

30歳代 男性

2014年6月
出金ができない
SNSで「もうかる」との記載を見て、海外業者とFX(外国為替証拠金取引)のような取引をした。代金はクレジットカードで支払った。円相場が高くなるか低くなるかを予想するバイナリーオプション取引で、業者のホームページ上に円の相場状況が示される。しかし、リアルタイムの情報ではないようで不審だった。業者のホームページに作った自分の口座からお金を引き出したいと依頼したが、払ってくれない。業者の電話番号、住所は不明だ。その後、業者は無登録業者(注3)で、財務局から警告書(注4)が出ていることが判明した。解約したい。

出典:国民生活センター

 

40歳代 女性

2014年8月
ボーナスを受け取るためには大きな額の取引が必要
ネットに「簡単に誰でももうかる」と書かれていたので、興味を持ち海外のバイナリーオプションのサイトに連絡した。サイトから電話が入り、担当者から「投資金額に応じて、サイトが同じ金額をプレゼントする」と言われた。10万円入れたら20万円分取引ができるので、元金がなくなる前に止めれば損はしないと思い、クレジット一括払いでバイナリーオプション取引に10万円投資した。ところが、途中で止めようと思い電話すると、「600万円分の取引をしないと解約できない」と言われた。とてもそんな取引はできないので「解約する」と言うと、解約担当に電話するよう言われた。解約担当に電話をすると、「解約には、免許証、公共料金の領収書、クレジットカードの両面を写真に撮って送るように」と言われ、言われるままに送ってしまった。その後は解約担当に電話してもつながらず、だまされたと思った。どうしても10万円取り返したい。クレジット会社に電話すると、「請求を止めることはできない」と言われた。どうしたらよいか。

出典:国民生活センター

どのトラブルも自己責任ですが、1度使用したお金は戻ってこないのも事実です。せっかくFXで資産運用を始めるのであれば、安心して取引ができるFX業者を選びたいものですね

安心してFX取引をするならどのような口座(会社)を選ぶべきか?

FX取引をするなら以下のような条件をしっかり満たした口座(会社)を選ぶようにしましょう。

  • 金融商品取引業の登録を受けている事業者
  • 手数料にあたるスプレッドの小さいFX口座
  • トラブル時のサポート対応がしっかりしたFX口座

上記のようなポイントがしっかり備わっているFX口座を利用することで安心してFXによる資産運用を行うことができます。

以下では、金融商品取引業者としてしっかり登録されているFX業者を紹介していますので是非参考にしてください。

安心してFX取引ができるFX業者 5選

公式サイト口座開設
手数料
口座開設
所要時間
自動
売買
取引ツールスプレッド
(pips)
取扱通貨
ペア
最低取引単位最大
キャッシュバック
無料最短即日× 
・DMMFX PLUS
・DMMFX STANDARD
・プレミアムチャート
・DMMFX スマホアプリ
 
・米ドル/円 0.2
・ユーロ/円 0.5
・ポンド/円 1.0
21種類10,000通貨200,000円
無料最短即日× 
・LINEFX Pro
・LINEFX アプリ
 
・米ドル/円 0.2
・ユーロ/円 0.3
・ポンド/円 0.5
23種類1,000通貨55,000円
無料2~3日× 
・LION FX C2
 
・米ドル/円 0.2
・ユーロ/円 0.3
・ポンド/円 1.0
50種類1,000通貨100,000円
無料最短即日 
・Webトレーダー
・FXトレーダー
・Myパフォーマンス
 
・米ドル/円 0.2
・ユーロ/円 0.4
・ポンド/円 0.8
27種類1,000通貨50,000円
無料最短即日× 
・外貨NEXT neo
 
・米ドル/円 0.1
・ユーロ/円 0.3
・ポンド/円 0.6
30種類1,000通貨103,000円

 

DMM FX

おすすめ

DMM証券株式会社

DMM FX

おすすめ度:

最短1時間後から取引可能!使いやすい取引ツールが人気のFX口座

DMM FXは、DMM証券株式会社が提供するFXサービスです。チャートなどの取引ツールが充実していることが特徴で、初心者トレーダーから上級者までおすすめできるFX講座です。

 おすすめのポイント
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • スマホでスピード本人確認を利用すると最短一時間後から取引可能
  • 銀行口座からの即時入金に対応
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • 初心者から上級者までに好評な取引ツール
  • 「全額信託保全」導入で安心の資産管理
  • 時事通信社のニュースを無料で閲覧可能
  • 最大で200,000円のキャッシュバックを受取可能
  • 24時間電話・LINEで問い合わせが可能なカスタマーサポート
DMMFX
運営会社株式会社DMM.com証券
口座開設手数料無料
口座開設所要時間最短即日
自動売買×
取引ツールDMMFX PLUS
DMMFX STANDARD
プレミアムチャート
DMMFX スマホアプリ
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.2
ユーロ/円 0.5
ポンド/円 1.0
取扱通貨ペア21種類
最低取引単位10,000通貨
最大キャッシュバック200,000円

>>DMMFXの公式サイトはこちら

 

LINE FX

おすすめ

株式会社LINE証券

LINE FX

おすすめ度:

サービス開始からわずか8カ月で口座開設件数10万件を突破した今話題のFX口座

LINE FXは、株式会社LINE証券が提供する比較的新しいFX口座です。サービス開始からわずか8カ月で口座開設件数10万件を突破するなど今注目のFXサービスです。

 おすすめのポイント
  • LINEアカウントとの連携で簡単口座開設
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • LINEと連動した経済指標や相場変動の通知機能
  • 新取引ツール「LINE FX Pro」が高機能で高性能
LINEFX
運営会社LINE証券株式会社
口座開設手数料無料
口座開設所要時間最短即日
自動売買×
取引ツールLINEFX Pro
LINEFX アプリ
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.2
ユーロ/円 0.3
ポンド/円 0.5
取扱通貨ペア23種類
最低取引単位1,000通貨
最大キャッシュバック55,000円

>>LINE FXの公式サイトはこちら

 

LION FX

おすすめ

ヒロセ通商株式会社

LION FX

おすすめ度:

一時的なスプレッド拡大による理不尽なロスカットを防止できる逆指値注文が特徴

LION FXは、ヒロセ通商株式会社が提供するFXサービスです。相場では、急なスプレッドの拡大により、本来価格は動いていないのに一時的なスプレッドの変動により理不尽なロスカット注文が執行されてしまうことがあります。LION FXでは、独自の逆指値注文方法により、そういった理不尽な約定を防ぐことができるのが特徴です。

 おすすめのポイント
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • 銀行口座からの即時入金に対応
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • 50種類と豊富な通貨ペアの取引が可能
LION FX
運営会社ヒロセ通商株式会社
口座開設手数料無料
口座開設所要時間2~3日
自動売買×
取引ツールLION FX C2
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.2
ユーロ/円 0.3
ポンド/円 1.0
取扱通貨ペア50種類
最低取引単位1,000通貨
最大キャッシュバック100,000円

>>LION FXの公式サイトはこちら

 

みんなのFX

おすすめ

トレイダーズ証券株式会社

みんなのFX

おすすめ度:

みんなのシストレによる自動売買や専用取引チャートが人気のFX口座

みんなのFXは、トレイダーズ証券株式会社が運営するFX口座です。スプレッド(手数料)についても業界最挟水準でありながら、システムトレードによる自動売買が可能なFX口座です。

 おすすめのポイント
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • 利用者の声を反映した取引チャートが人気
  • 銀行口座からの即時入金に対応
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • 初心者から上級者までに好評な取引ツール
  • みんなのシストレを使って自動売買が可能
  • 誰でも無料で見れるオンラインセミナーを毎月開催
みんなのFX
運営会社トレイダーズ証券株式会社
口座開設手数料無料
口座開設所要時間最短即日
自動売買
取引ツールWebトレーダー
FXトレーダー
Myパフォーマンス
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.2
ユーロ/円 0.4
ポンド/円 0.8
取扱通貨ペア27種類
最低取引単位1,000通貨
最大キャッシュバック50,000円

>>みんなのFXの公式サイトはこちら

 

外為どっとコム

おすすめ

株式会社外為どっとコム

外為どっとコム

おすすめ度:

各デバイスに最適化された取引ツール「外貨NEXT neo」が使える

外為どっとコムは、株式会社外為どっとコムが提供するFXサービスです。取引ツール「外貨NEXT neo」を使えば、PC、スマートフォン、タブレットとそれぞれに最適化されたツール環境で取引を行うことができます。

 おすすめのポイント
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • 口座開設数第3位の実績
  • 1,000通貨単位からの少額取引が可能
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • FXセミナーが充実
外為どっとコム
運営会社株式会社外為どっとコム
口座開設手数料無料
口座開設所要時間最短即日
自動売買×
取引ツール外貨NEXT neo
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.1
ユーロ/円 0.3
ポンド/円 0.6
取扱通貨ペア30種類
最低取引単位1,000通貨
最大キャッシュバック103,000円

>>外為どっとコムの公式サイトはこちら

 

まとめ

この記事では、海外FXがおすすめできない理由と実際にFXを始めるならどのようなFX口座がおすすめなのかについにても紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

FX投資を始める理由は人それぞれだと思いますが、多くの人は副業や資産運用としてFX取引を始めていると思います。そのような目的で始めるのであれば、特に安心して運用ができるFX会社を選ぶべきなのではないでしょうか。

ただし、海外FXは資金効率という面ではレバレッジが大きいため圧倒的に優れている側面もあります。海外FX業者の中には日本人投資家から支持を得ている業者もありますので、そういう業者であれば口座開設するのもありですね。

また、この記事で紹介していないおすすめのFX口座については以下の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてください。

FXについてのQ&A

FXって何?
FXとは、「Foreign Exchange」の略で正確には「外国為替証拠金取引」のことをいいます。簡単に説明すると、外国の通貨を安く買って高く売ることで発生する差額を利益とする投資方法です。もちろんその逆もあります。FXが人気の大きな要因は、レバレッジという仕組みにあります。このレバレッジの仕組みを利用することで、自分が実際に持っている資金の何倍もの金額の通貨の取引をすることができます。例えば、現在1ドルが100円だとすると、10,000円あれば100ドルの外貨を保有することができます。これをレバレッジ(25倍)を利用することで、同じ10,000円でも2,500ドルの外貨を取引することができるようになります。このように自己資金を証拠金としてその何倍もの大きな取引をすることができる点がFX(外国為替証拠金取引)の大きな特徴だといえます。
FXを始めるにはどうすればいいの?
FXを始めるにはFX業者で口座開設を行う必要があります。口座開設には、本人確認書類、住所確認書類、マイナンバー確認書類が必要になります。具体的なFXの始め方については別の記事で紹介しているのでそちらを参考にしてください。
スプレッドとは?
スプレッドとは、売値と買値の価格差のことです。例えば、同じ取引タイミングであったとしても1ドルあたりの売値(BID)が110000円、買値(ASK)が110002円と0.002円の価格差があります。つまり、110.002円で買いエントリーをした場合、最初から‐0.002円の含み損からスタートすることになります。簡単に言うと、この0.002円の価格差であるスプレッドが取引に必要な手数料となります。
レバレッジとは?
レバレッジとは、「てこの作用」を意味しており、預けた証拠金を担保にその証拠金の何倍もの資金を動かして取引ができる仕組みのことです。日本のFX会社ではレバレッジが最大25倍という規制があります。例えば、レバレッジが25倍だと、証拠金10万円をFX口座に預け入れた場合250万円、ドルだと約2.5万ドルの取引ができるということになります。
レバレッジ規制とは?
レバレッジ規制とは、預託した証拠金の25倍を超える額のFX取引を禁止するという規制です。この規制をクリアしていなけらば、金融商品取引業者として登録をすることができません。
最低取引単位(ロット)とは?
FX会社や証券会社が決めている取引単位のことで、1千通貨単位や、1万通貨単位などの取引単位があります。例えば、1千通貨単位だとドル/円を保有する場合、1千ドル単位で取引を行うということで、取引単位が日本円で約10万円(レバレッジが25倍だと1ロットあたり約4,000円の証拠金が必要)ということになります。また、1万通貨単位だとドル/円を保有する場合、1万ドル単位で取引を行うということで、取引単位が日本円で約100万円(レバレッジが25倍だと1ロットあたり約40,000円の証拠金が必要)ということになります。
スワップトポイントとは?
スワップポイントとは、通貨間の金利差のことです。この金利差を利用した投資手法がスワップトレードといわれます。
PIPsとは?
PIPsとは、「percentage in point」の略で、値動きの最小単位のことを意味します。FXは、ドル/円だけでなく、ユーロ/円やユーロ/ポンド、ポンド/ドルというように様々な組み合わせの通貨ペアのなかから取引する通貨を選択します。その際、取引通貨によって〇〇円変動や〇〇ドル変動、〇〇ポンド変動と値動きが様々な通貨で表されてしまいややこしくなります。そのような問題を解消して、共通の単位で値動きを表すことができるようにしたのがPIPsです。
[su_divider top=”no” style=”dashed” size=”1″ margin

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。