海外FXは違法?|海外FXに対する金融庁の見解を丁寧に解説
この記事で解決できる問題点・疑問点
  • 海外FXは違法なのか?
  • 海外FXでどのようなトラブルが起きているのか?
  • 違法ではない海外FX業者は存在するのか?

上記のような疑問に応える形で、海外FXの違法性について金融庁の発表をもとに説明しています。

海外FX業者に対する日本の金融庁・関東財務局の見解

金融庁、関東財務局ともに無登録の海外FX業者に対する見解は同じで以下のように注意喚起をしています。

海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)

また、無登録の海外所在業者は、業務の実態等の把握が難しく、仮にトラブルが生じたとしても業者への追及は極めて困難ですので、無登録業者との契約は行わないようにしてください。

出典:金融庁HP関東財務局HP

簡単にまとめると、

金融商品取引業の登録を行っていない業者が日本人に対してFXなどの金融商品取引を提供することが禁止ということです。

海外FXについて金融庁に相談されているトラブルの事例

海外FXをして以下のようなトラブルが発生しています。

出金に応じてもらえない
成功体験を語ったブログやSNSの投稿を見て興味を持ち、海外業者とバイナリーオプション取引を開始したが、利益が出ているはずなのに、出金を求めても応じてもらえず、そのうち業者と連絡が取れなくなった。
多額の損失を出してしまった
友人から「絶対に儲かる」と勧められて、海外業者の取引口座に入金してFX取引を開始したところ、多額の損失が発生してしまった。

実際に上記のようなトラブルの相談が金融庁に持ち掛けられています。

金融商品取引業の登録を行っていない業者の一覧

金融庁のホームページでは、金融商品取引業の登録を行っていない事業者を公表しています。以下にURLを記載しておきますので、取引を考えている事業者がある場合は、ここに名前が挙がっていないか確認してから取引をすることがおすすめです。

 金融庁HP 無登録で金商品取引を行う事業者一覧

金融商品取引業の登録を行っているFX業者とは?

海外FXは違法であるという説明を行ってきましたが、違法かどうかの論点は金融商品取引業の登録を行っているかどうかという点です

つまり、金融商品取引業の登録を行っている海外FX業者の日本法人などで取引を行うことはもちろん大丈夫です。

一般的に金融商品取引業の登録を行っていない海外FX業者が利用される理由としては、レバレッジの高さ取引ツールが優れているという点が挙げられますが、金融商品取引業の登録を行っている海外FX業者の日本法人などを利用することで合法の中で優れた取引ツールなどを利用することができるのでおすすめです。

金融商品取引業の登録を行っているFX業者のおすすめ3選

DMM FX

1位

DMM証券株式会社

DMM FX

おすすめ度:

最短1時間後から取引可能!使いやすい取引ツールが人気のFX口座

DMM FXは、DMM証券株式会社が提供するFXサービスです。チャートなどの取引ツールが充実していることが特徴で、初心者トレーダーから上級者までおすすめできるFX講座です。

 おすすめのポイント
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • スマホでスピード本人確認を利用すると最短一時間後から取引可能
  • 銀行口座からの即時入金に対応
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • 初心者から上級者までに好評な取引ツール
  • 「全額信託保全」導入で安心の資産管理
  • 時事通信社のニュースを無料で閲覧可能
  • 最大で200,000円のキャッシュバックを受取可能
  • 24時間電話・LINEで問い合わせが可能なカスタマーサポート
DMMFX
運営会社株式会社DMM.com証券
口座開設手数料無料
口座開設所要時間最短即日
自動売買×
取引ツールDMMFX PLUS
DMMFX STANDARD
プレミアムチャート
DMMFX スマホアプリ
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.2
ユーロ/円 0.5
ポンド/円 1.0
取扱通貨ペア21種類
最低取引単位10,000通貨
最大キャッシュバック200,000円

>>DMMFXの公式サイトはこちら

 

LINE FX

2位

株式会社LINE証券

LINE FX

おすすめ度:

サービス開始からわずか8カ月で口座開設件数10万件を突破した今話題のFX口座

LINE FXは、株式会社LINE証券が提供する比較的新しいFX口座です。サービス開始からわずか8カ月で口座開設件数10万件を突破するなど今注目のFXサービスです。

 おすすめのポイント
  • LINEアカウントとの連携で簡単口座開設
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • LINEと連動した経済指標や相場変動の通知機能
  • 新取引ツール「LINE FX Pro」が高機能で高性能
LINEFX
運営会社LINE証券株式会社
口座開設手数料無料
口座開設所要時間最短即日
自動売買×
取引ツールLINEFX Pro
LINEFX アプリ
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.2
ユーロ/円 0.3
ポンド/円 0.5
取扱通貨ペア23種類
最低取引単位1,000通貨
最大キャッシュバック55,000円

>>LINE FXの公式サイトはこちら

 

みんなのFX

3位

トレイダーズ証券株式会社

みんなのFX

おすすめ度:

みんなのシストレによる自動売買や専用取引チャートが人気のFX口座

みんなのFXは、トレイダーズ証券株式会社が運営するFX口座です。スプレッド(手数料)についても業界最挟水準でありながら、システムトレードによる自動売買が可能なFX口座です。

 おすすめのポイント
  • 各種手数料(取引手数料、口座維持手数料、入出金手数料など)無料
  • 利用者の声を反映した取引チャートが人気
  • 銀行口座からの即時入金に対応
  • スプレッド(手数料)が業界最狭水準
  • 初心者から上級者までに好評な取引ツール
  • みんなのシストレを使って自動売買が可能
  • 誰でも無料で見れるオンラインセミナーを毎月開催
みんなのFX
運営会社トレイダーズ証券株式会社
口座開設手数料無料
口座開設所要時間最短即日
自動売買
取引ツールWebトレーダー
FXトレーダー
Myパフォーマンス
スプレッド
(pips)
米ドル/円 0.2
ユーロ/円 0.4
ポンド/円 0.8
取扱通貨ペア27種類
最低取引単位1,000通貨
最大キャッシュバック50,000円

>>みんなのFXの公式サイトはこちら

 

まとめ

 この記事では、海外FXの違法性について説明してきましたがいかがだったでしょうか?

無登録の海外FXを利用することによる最も怖い点は、儲かったお金を出金することができない可能性があるということです。その際、相談できるとところもなく泣き寝入りするしかありません。そのような事態に陥らないようにしっかり届け出をしているFX業者を選ぶようにしましょう。

また、海外FX業者の中には、日本の投資家から支持を得ている業者も存在しています。資金効率を考えると海外FXは優れている面もあるので、もし海外FXを利用する場合は、そのような評判をしっかり確かめてから行うようにしましょう。

FXについてのQ&A

スプレッドとは?
スプレッドとは、売値と買値の価格差のことです。例えば、同じ取引タイミングであったとしても1ドルあたりの売値(BID)が110000円、買値(ASK)が110002円と0.002円の価格差があります。つまり、110.002円で買いエントリーをした場合、最初から‐0.002円の含み損からスタートすることになります。簡単に言うと、この0.002円の価格差であるスプレッドが取引に必要な手数料となります。
レバレッジとは?
レバレッジとは、「てこの作用」を意味しており、預けた証拠金を担保にその証拠金の何倍もの資金を動かして取引ができる仕組みのことです。日本のFX会社ではレバレッジが最大25倍という規制があります。例えば、レバレッジが25倍だと、証拠金10万円をFX口座に預け入れた場合250万円、ドルだと約2.5万ドルの取引ができるということになります。
最低取引単位(ロット)とは?
FX会社や証券会社が決めている取引単位のことで、1千通貨単位や、1万通貨単位などの取引単位があります。例えば、1千通貨単位だとドル/円を保有する場合、1千ドル単位で取引を行うということで、取引単位が日本円で約10万円(レバレッジが25倍だと1ロットあたり約4,000円の証拠金が必要)ということになります。また、1万通貨単位だとドル/円を保有する場合、1万ドル単位で取引を行うということで、取引単位が日本円で約100万円(レバレッジが25倍だと1ロットあたり約40,000円の証拠金が必要)ということになります。
スワップトポイントとは?
スワップポイントとは、通貨間の金利差のことです。この金利差を利用した投資手法がスワップトレードといわれます。
PIPsとは?
PIPsとは、「percentage in point」の略で、値動きの最小単位のことを意味します。FXは、ドル/円だけでなく、ユーロ/円やユーロ/ポンド、ポンド/ドルというように様々な組み合わせの通貨ペアのなかから取引する通貨を選択します。その際、取引通貨によって〇〇円変動や〇〇ドル変動、〇〇ポンド変動と値動きが様々な通貨で表されてしまいややこしくなります。そのような問題を解消して、共通の単位で値動きを表すことができるようにしたのがPIPsです。

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。