図形合体icatch

AutoCADで図形を合体させてひとつのオブジェクトを作成する場合、一般的な方法は合体させたい図形の輪郭をポリラインでなぞるという方法をとることが多いです。

しかしこの方法だと、

図形の輪郭をすべてポリラインでなぞる必要があるので時間がかかる・・・

直線の連続だと簡単になぞることができるけど、円のような曲線だとポリラインでなぞることができない・・・

というような問題が生じてしまいます。

この記事では、上記のような疑問を解決する形で、「境界作成」コマンドを利用することで一瞬で図形を合体させてポリラインを作成する方法を紹介していきます。

AutoCADで図形を合体させる一般的な方法|「ポリライン」コマンド

ここでは、以下のような三角形と四角形の2つのオブジェクトを合体させるケースを考えます。

2オブジェクト合体(オーソドックス)ポリライン素材2

まず、画面左上の「ポリライン」コマンドを選択します。

3オブジェクト合体ポリライン

ポリライン作成画面に変わるので、以下のように2つの図形をなぞっていきます。

4オブジェクト合体ポリライン

5オブジェクト合体ポリライン

これで2つのオブジェクトが合体したポリラインが作成されます。

問題が生じるのは以下のような場合です。三角形と四角形に加えてが加わっています。このような図形の集合だとポリラインで輪郭をなぞることができません。では、どうすればいいのでしょうか?

それを次で説明していきます。

6オブジェクト合体境界作成素材

AutoCADの境界作成コマンドを用いて一瞬で図形を合体させる方法

まず、「長方形」コマンドを使って図形全体を囲める大きさの長方形を作成します。

7オブジェクト合体境界作成長方形

8オブジェクト合体境界作成長方形2

続いて、「境界作成」コマンドで境界を作成します。

「作成」メニュー>「境界作成」

9オブジェクト合体境界作成コマンド

以下のような境界作成ウィンドウが開くので、下記のように設定をしてください。

10オブジェクト合体境界作成

内側の点をクリックと要求されるので、下図の場所あたりをクリックして指定します。

11オブジェクト合体

すると下図の赤線のように内側と外側の境界部分それぞれにポリラインが作成されます。

13オブジェクト合体境界作成

ここでは、内側のポリラインのみが必要なので、それ以外のポリラインをすべて削除します。

14オブジェクト合体境界作成完成

すると、合体したオブジェクトの輪郭のポリラインのみが残ります。

まとめ

以上で「境界作成」コマンドを使用したオブジェクトの合体の方法についての説明は終了です。長方形を作成して境界作成をして、不必要な部分を消すという非常に単純な作業だけで多少複雑な図形でも簡単に合体できることが分かってもらえたと思います

今回紹介した「境界作成」のようにAutoCADならではの便利な作図テクニックはいろいろとあります。慣れるまでは使いづらいかもしれませんが、慣れれば非常に便利に思える機能がたくさんあるので、ぜひいろいろと試してみてください。

認定講座

ヒューマンアカデミーAutoCADコース2

AutoCADをしっかり学びたいなら・・・

ヒューマンアカデミー CAD講座

  • AUTODESK社認定スクール
  • 希望に合わせて選べる複数の受講スタイル
  • 業界スタンダード資格取得可能

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。