MACDアイキャッチ

投資家の中で人気があるテクニカル分析の中にMACD分析という手法があります。

この分析方法は、正確にはMoving Average Convergence / Divergence Trading Method(移動平均線収束拡散法)といい、その名前の通り、移動平均線がくっついたり離れたりする様子を分析します

MACD分析とは?

MACD分析とは、移動平均線がくっついたり離れたりする様子を分析することで、トレンドの発生や継続のサインを先行して読み取ることを目的としたテクニカル分析の方法です

移動平均線の記事でも説明している通り、2本の移動平均線の収束(くっつく)とは、ゴールデンクロス、デッドクロスのことで、2本の移動平均線の拡散(離れる)とは、トレンドの継続を表します。

ゴールデンクロスやデッドクロスの説明についてはこちらを参考にしてください。

また、MACD分析においてよく使われるパラメーターは以下の2つです。

・短期EMA:12

・長期EMA:26

EMA(指数平滑移動平均線)の説明についてはこちらの記事を参照してください。

MACD分析における3つの視点

この章では、MACD分析の具体的な中身について説明します。

MACD分析は以下の3つの要素で構成されます。

  • MACD線
  • シグナル
  • ヒストグラム

通常MACD分析においては、これら3つの指標を用いて分析を行います。

MACD線とは?

MACD線とは、短期(12)EMA―長期(26)EMAで計算される2本の移動平均線の差のことです。

上昇トレンド時はMACD線の値が+(プラス)、下降トレンド時はMACD線の値が-(マイナス)となるのが通常です。

MACD基本

また、MACD線の値が0(ゼロポイント)の時は、短期EMAと長期EMAがクロスしていると同義なので、ゴールデンクロス・デッドクロスを表しています

MACDゴールデンクロス

MACD線のグラフを見てもらうと分かる通り、MACD線の最も注目すべきポイントは、価格変動のシグナルの発生が移動平均線(EMA)に先行するということです。つまり、MACD線が天井や底をつくタイミングがEMAが天井や底をつくタイミングよりも先行しているため、シグナルの発生が速いというわけです。

では、なぜMACD線は移動平均線よりも価格変動に対する反応速度が速いのでしょうか?

それは、MACD線の理論的背景を理解していれば簡単なことです。上でも説明したように、MACD線の値というのは、短期EMA-長期EMAです。この数値が最も大きくなる、つまり天井となるのは、短期EMAと長期EMAの差が最も開いたときで、上昇トレンドのピークの時です。そこから、上昇のトレンドが弱くなっていきいずれ天井を迎えて反転します。

つまり、MACD線の天井(底)というのは、トレンドのピークを表しているということができます

MACD線の動きを見ることで、トレンドの趨勢をより敏感にキャッチできるということです。

シグナルとは?

シグナルとは、MACD線の9日単純移動平均線(SMA)です。

つまり、MACD線の値の9日間の平均値です。

ではなぜわざわざMACD線の単純移動平均線をチャートの中に書き加える必要があるのでしょうか?

答えはMACD線のトレンドを知るためです。上でも説明したように、MACD線は価格変動のシグナルの発生が移動平均線より先行します。

ということは、MACD線のトレンドが分かれば価格変動のトレンドを先読みできる可能性があるということです

では、なぜわざわざ移動平均線を使うのかというと、価格をMACD線の値、移動平均線をシグナルとして置き換えて考えると簡単に理解できます。

一般的な移動平均線を用いた分析では、ローソク足(価格)と移動平均線の関係性から価格変動のトレンドの発生を分析します。価格(ローソク足)が下から移動平均線を上抜くことをゴールデンクロスといいトレンド発生のサインであるということはよく知られていますね。デッドクロスについても同様です

つまり、価格と価格の平均値である移動平均線を使うことでトレンド分析をしているということになります。

シグナルも同様です。

MACD線とMACD線の平均値(移動平均線)であるシグナルの2つの線の関係からMACD線のトレンドを分析しているということです

通常の移動平線の分析と同様に、MACD線がシグナル(移動平均線)を下から上抜けばゴールデンクロスとなり、トレンド発生のシグナルになるというわけです。デッドクロスの場合も同様です。

そして、このMACD線とシグナルのゴールデンクロス・デッドクロスは、短期EMAと長期EMAのゴールデンクロス・デッドクロスに先行します。

つまり、価格変動トレンドのシグナルの発生を先んじて予測することができるというわけです。

MACDゴールデンクロス前兆

 ヒストグラムとは?

ヒストグラムとは、MACD線-シグナルで表される指標です。

MACD線よりもさらにシグナルの発生が先行することが特徴ですが、その分だましの割合も増えているので参考程度の指標としてとどめておいてください。

まとめ

この記事では、MACD分析は移動平均線文政よりも先行性があることがポイントであると説明してきましたが、もう一度まとめると以下のようなサイクルになります。

MACD線の底(天井)打ち⇒MACD線とシグナルのゴールデンクロス(デッドクロス)⇒短期EMAと長期EMAのゴールデンクロス(デッドクロス)⇒MACD線の上昇(短期EMAと長期EMAの幅の拡大)⇒MACD線の底(天井)打ち⇒・・・・

その流れに応じて、例えばMACD線とシグナルがゴールデンクロスしたタイミングで買いエントリー、シグナルがデッドクロスしたタイミングで決済というように、エントリーや決済の判断に活かしていくことMACD分析のポイントですのでぜひいろいろトライしてみてください。

また、これからFXを始めようという方には以下の記事でおすすめのFX口座比較を紹介していますのでそちらも参考にしてください。

 

この記事の執筆者

しろくま
しろくま
WebMonsterの代表。京都大学においてMBA(経営学修士)を取得。現在、サラリーマンをする傍ら、Webコンテンツ制作、株式投資で収入を得ており、その経験をもとに会社に頼らず個人で稼ぐための方法を発信しています。